フィリップ4世 (フランス王)

フィリップ4世
Philippe IV
フランス国王
Philippe IV le Bel.jpg
フィリップ4世
在位1285年1314年11月29日
1284年1314年11月29日(ナバラ)
1284年1305年(シャンパーニュ)
別号ナバラ国王シャンパーニュ伯
出生1268年
Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国フォンテーヌブローフォンテーヌブロー宮殿
死去1314年11月29日
Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国フォンテーヌブローフォンテーヌブロー宮殿
埋葬Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国サン=ドニ大聖堂
配偶者フアナ1世
子女
王家カペー家
王朝カペー朝
父親フィリップ3世
母親イザベル・ダラゴン
宗教キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

フィリップ4世フランス語: Philippe IV1268年 - 1314年11月29日)は、フランス(在位:1285年 - 1314年)、およびナバラ王としてはフェリペ1世バスク語: Filipe I.a、在位:1284年 - 1305年)。整った顔立ちのため「端麗王」(le Bel、ル・ベル)と称される[1]

官僚制度の強化に努め、やがて絶対王政へとつながる中央集権化の第一歩を踏み出した。対外的には、毛織物業で栄え経済的に豊かであったフランドル地方の支配を目指し、フランドル諸都市の市民と激しく争った。ローマ教皇とも対立し、フランス国内の支持を得てアナーニ事件を起こし、最終的には教皇権を王権に従えて教皇庁アヴィニョンに移し(アヴィニョン捕囚、または「教皇のバビロン捕囚」)、また、テンプル騎士団異端として弾圧し、解散に追い込み、後世「教皇を憤死させた王」として一部より悪評を得ることとなった[1]。これらはそれぞれ、教会の徴税権に対する権益拡大と騎士団財産の没収を意味した。また、フィリップはパリ高等法院を創設して売官できるようにしたり、三部会を設置して市中からも資金を吸い上げたりした。フィリップは封建関係の頂点に立ち、国家の防衛や国益のために従来の慣習を超えて行動した[1]

他の言語で
azərbaycanca: IV Filip (Fransa)
беларуская: Філіп IV Прыгожы
български: Филип IV (Франция)
Bahasa Indonesia: Philippe IV dari Perancis
한국어: 필리프 4세
Malagasy: Philippe IV
македонски: Филип IV Убавиот
srpskohrvatski / српскохрватски: Philippe IV od Francuske
Simple English: Philip IV of France
slovenščina: Filip IV. Francoski
Türkçe: IV. Philippe
Tiếng Việt: Philippe IV của Pháp