フアン2世 (アラゴン王)

フアン2世
Juan II
ナバラ王
アラゴン王
シチリア王
Chuan II d'Aragón.jpg
フアン2世
(マヌエル・アギーレ・イ・モンサルベ画、1854年
在位1425年 - 1479年(ナバラ王)
1458年 - 1479年(アラゴン王)
1458年 - 1468年(シチリア王)
出生1397年6月29日
メディナ・デル・カンポ
死去1479年1月20日
バルセロナ
埋葬 
ポブレー修道院
配偶者ナバラ女王ブランカ1世
 フアナ・エンリケス
子女一覧参照
王家トラスタマラ家
王朝トラスタマラ朝
父親フェルナンド1世
母親レオノール・デ・アルブルケルケ
テンプレートを表示

フアン2世西:Juan II, 1397年6月29日 - 1479年1月20日)は、ナバラ王(在位:1425年 - 1479年)、およびアラゴン王バレンシア王バルセロナ伯(在位:1458年 - 1479年)、シチリア王(在位:1458年 - 1468年)。カタルーニャ語名ではジュアン2世(Joan II)、イタリア語名ではジョヴァンニ2世(Giovanni II, シチリア王としては1世)。大王(西:el Grande)と呼ばれる。

アラゴン王フェルナンド1世と王妃レオノール・デ・アルブルケルケの次男で、アラゴン王兼ナポリ王アルフォンソ5世の弟。また、同名のカスティーリャ王フアン2世は従弟に当たり、アラゴン王兼カスティーリャ王でカトリック両王と称されたフェルナンド2世の父でもある。

強権的な政治が分権を尊重するアラゴン連合王国構成国から反発され、先妻の子供たちとの対立も相まって内乱を発生させた。対立王が次々と出現する事態にまでなったが、外交と軍事の積み重ねや自身の長寿により切り抜け、ナポリ王国とナバラ王国を除いて一体化させた連合王国を次代に譲り渡した。

他の言語で