ピラフ一味

ピラフ一味(ピラフいちみ)は、鳥山明漫画ドラゴンボール』と、それを原作としたアニメに登場する架空の一味である。

原作での初登場は其之十八「D.B.(ドラゴンボール)奪われる!!」。アニメでは『ドラゴンボール』第1話「ブルマと孫悟空」から登場している。

概要

ピラフを中心とし、ドラゴンボールを集めて世界征服を企む三人組。様々な悪事を企てるが、最後は三人そろって爆発で黒こげになったり、高いところから落っこちたりといったオチで締められるコメディリリーフ的なキャラクター。作品最初期から登場しており、初期の雰囲気を強く反映している[注 1]

メンバー同士は仲睦まじく、夜は三人でトランプに興じた後、ベッドを並べて寝ている[1]。全員ウブな性格で、「投げキッス」をいやらしいことだと思い、口に出すこともためらう。人質に取ったブルマが、「『きょいきょい』や『ぱふぱふ』、『いんぐりもんぐり』とかされるかと思った」と発言した際には、慌てふためきブルマを変態呼ばわりしていた[2]

名前の由来は、ピラフ焼売から[3]