ピタゴラス

ピタゴラス像( ローマカピトリーノ美術館
アテナイの学堂』に描かれたピタゴラス( ラファエッロ1509年

ピタゴラス古代ギリシャ語: Πυθαγόρας, ラテン文字転写: Pȳthagórās [1]ラテン語: Pythagoras: Pythagoras紀元前582年 - 紀元前496年)は、 古代ギリシア数学者哲学者。「 サモスの賢人」と呼ばれた。ピュタゴラスとも表記される。

生涯

ピタゴラス教団は秘密主義で、内部情報を外部に漏らすことを厳しく禁じ、違反者は船から海に突き落として死刑にした。そのため教団内部の研究記録や、ピタゴラス本人の著作物は後世に一点も伝わっていない。そこでピタゴラス個人の言行や人物像は、教団壊滅後に各地に離散した弟子の著作や、後世の伝記、数学に関する本の注釈といった間接的な情報でできあがっている [2]。彼の肖像や彫像類も、すべて後世の伝聞や想像で作られたイメージであり、実際にどういう風貌をした人物だったかも不明である。

ピタゴラスは紀元前6世紀ころ、 古代ギリシャ文化圏の東辺に位置する、現在の トルコ沿岸にある イオニア地方の サモス島で、宝石細工師の息子として生まれた。父親はレバノンの ティルス出身であるとする説がある [3] [4] 。近くの町には、やはり著名な数学者の タレスが住んでいた。

伝記によると、彼は若くして知識を求めて島を旅だち、古代オリエント世界の各地を旅した。 エジプトでは 幾何学と宗教の密儀を学び、 フェニキアで算術と比率、 カルディア人から天文学を学んだという。 ポルピュリオスなどの伝記によれば、 ゾロアスター教の司祭のもとで学んだといわれる [5]。さらにはイギリスやインドにまで旅したという伝説もある [6]

彼は20年にわたった放浪の末に、当時存在した数学知識のすべてを身につけて、故郷のサモス島に戻ってきた。しかしサモスは 僭主 ポリュクラテスの抑圧支配下にあり、学問研究に向かなかったため、イタリア半島の 植民市に移住し、その弁舌で多くの人々を魅了した [2]。彼は クロトンで、彼の思想に共鳴する多くの弟子とともに ピタゴラス教団、または ピタゴラス学派と呼ばれる集団を立ち上げた。この教団はやがて地域の有力者の保護を得て大きな力を持つようになり、数百人の信者を集めて大いに繁栄した。ところがある時、この後援者が政争に巻き込まれて失脚する。このとき、かつて教団への加入を希望したがテストで落とされて門前払いになった人物が、その遺恨から市民を扇動した。教団は暴徒と化した市民に焼き打ちされて壊滅し、ピタゴラスも殺されたという。なお、ピタゴラスは テアノ英語版というクロトン出身の女性の弟子と結婚していたとの伝承が古代文献に残っている。 [7]

他の言語で
Afrikaans: Pythagoras
አማርኛ: ፓይታጎረስ
aragonés: Pitagoras
العربية: فيثاغورس
অসমীয়া: পাইথেগাৰাছ
asturianu: Pitágores
azərbaycanca: Pifaqor
башҡортса: Пифагор
žemaitėška: Pėtaguors
беларуская: Піфагор
беларуская (тарашкевіца)‎: Пітагор
български: Питагор
भोजपुरी: पाइथागोरस
Bislama: Pythagoras
বিষ্ণুপ্রিয়া মণিপুরী: পিথাগোরাস
brezhoneg: Pythagoras
bosanski: Pitagora
català: Pitàgores
کوردی: پیتاگۆرس
corsu: Pitagoru
čeština: Pythagoras
Чӑвашла: Пифагор
Cymraeg: Pythagoras
dansk: Pythagoras
Deutsch: Pythagoras
Ελληνικά: Πυθαγόρας
English: Pythagoras
Esperanto: Pitagoro
español: Pitágoras
eesti: Pythagoras
euskara: Pitagoras
فارسی: فیثاغورس
suomi: Pythagoras
Võro: Pythagoras
français: Pythagore
Frysk: Pytagoras
Gaeilge: Píotágarás
Gàidhlig: Pythagóras
galego: Pitágoras
ગુજરાતી: પાયથાગોરસ
客家語/Hak-kâ-ngî: Pythagoras
עברית: פיתגורס
हिन्दी: पाइथागोरस
hrvatski: Pitagora
magyar: Püthagorasz
Հայերեն: Պյութագորաս
interlingua: Pythagoras
Bahasa Indonesia: Pythagoras
íslenska: Pýþagóras
italiano: Pitagora
Patois: Pythagoras
Basa Jawa: Pythagoras
ქართული: პითაგორა
Kabɩyɛ: Pythagorus
қазақша: Пифагор
ಕನ್ನಡ: ಪೈಥಾಗರಸ್
한국어: 피타고라스
Kurdî: Pîtagoras
Кыргызча: Пифагор
Latina: Pythagoras
Lëtzebuergesch: Pythagoras vu Samos
Ligure: Pitagora
lietuvių: Pitagoras
latviešu: Pitagors
मैथिली: पाइथागोरस
македонски: Питагора
മലയാളം: പൈതഗോറസ്
монгол: Пифагор
кырык мары: Пифагор (философ)
Bahasa Melayu: Pythagoras
Mirandés: Pitágoras
မြန်မာဘာသာ: ပိုက်သာဂိုးရပ်စ်
नेपाली: पाइथागोरस
Nederlands: Pythagoras
norsk nynorsk: Pythagoras
norsk: Pythagoras
occitan: Pitagòras
Ирон: Пифагор
ਪੰਜਾਬੀ: ਪਾਈਥਾਗੋਰਸ
polski: Pitagoras
Piemontèis: Pitàgora
پنجابی: فيثاغورث
português: Pitágoras
Runa Simi: Pithagoras
română: Pitagora
русский: Пифагор
संस्कृतम्: पैथागोरस्
sicilianu: Pitàgura
Scots: Pythagoras
srpskohrvatski / српскохрватски: Pitagora
සිංහල: පයිතගරස්
Simple English: Pythagoras
slovenčina: Pytagoras zo Samosu
slovenščina: Pitagora
shqip: Pitagora
српски / srpski: Питагора
svenska: Pythagoras
Kiswahili: Pythagoras
ślůnski: Pitagoras
తెలుగు: పైథాగరస్
тоҷикӣ: Пифагор
Türkmençe: Pifagor
Tagalog: Pythagoras
Türkçe: Pisagor
татарча/tatarça: Пифагор
українська: Піфагор
oʻzbekcha/ўзбекча: Pifagor
Tiếng Việt: Pythagoras
Volapük: Püthagoras
Winaray: Pythagoras
хальмг: Пифагор
ייִדיש: פיטאגאראס
Yorùbá: Pythagoras
Bân-lâm-gú: Pythagoras