ピエール・ソネラ

ニューギニアで オウムの絵を描くソネラの図

ピエール・ソネラ(Pierre Sonnerat、 1748年 8月18日 - 1814年 3月31日)は、 フランス博物学者探検家である。

生涯

リヨンで生まれた。叔父に 植物学者インド洋のフランス領の島で 香料栽培を推進した ピエール・ポワブルがいる。ソネラも当時 オランダが独占していた香料の 貿易を、うちやぶるために 南東アジア探検した。1769年から1772年の間に、 ニューギニアモルッカ諸島で、多くの動植物を採取し報告した。1774年から1781年の間には 中国を訪れた。1776年に『ニューギニアへの旅』("Voyage à la Nouvelle-Guinée")、1782年に、『東インド及び中国への旅』( "Voyage aux Indes orientales et à la Chine, fait depuis 1774 jusqu'à 1781")を出版した。フランスでの、 アジアの旅行記の最初の出版で、 先住民族の彼の観察は興味深いものであったが、その記述の信頼性は低く、多くの動植物の記述は信頼できないものであった。ニューギニアにいない、 ワライカワセミジェンツーペンギンなどの記載が見られる [1]

マダガスカル霊長目インドリの名前のエピソードでも知られ、現地ではbabakotoと呼ばれる動物が、マダガスカルのガイドの注意をひく言葉「インドリ」を、動物の名前とソネラが取り違えたことからインドリと呼ばれることになった [2]

ハイイロヤケイ学名Gallus sonneratii献名されている。

Sonn.は、 植物の学名命名者を示す場合にピエール・ソネラを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/ Author Detailsを検索する。)
他の言語で
español: Pierre Sonnerat
français: Pierre Sonnerat
italiano: Pierre Sonnerat
português: Pierre Sonnerat
русский: Соннера, Пьер