ピエール・オージュロー

アルコレの戦いにおけるオージュロー (1796)
シャルル・ピエール・フランソワ・オージュロー

シャルル・ピエール・フランソワ・オージュロー(Charles Pierre François Augereau,1757年10月21日 - 1816年6月12日)は、フランス革命戦争ナポレオン戦争期の軍人。

若き日々

1757年、パリで果物露天商の母、煉瓦工の父との間に生まれる。初等教育を受けた上、母がドイツ語を話せた為にドイツ語にも堪能だったと言う。色々な職を転々とするがあまり馴染めず、16歳の時にクレア歩兵連隊に入隊。だが粗暴で喧嘩早いこともあり2年で除隊を受ける。その後剣の腕を見込まれてアルトワ伯爵竜騎兵連隊へ入隊し、決闘を繰り返して無敵を誇り剣豪として知られるようになるが、1776年頃に士官を殺してしまいスイスへ逃亡する。ジュネーブから黒海沿岸まで行き、ロシア軍に入隊してオスマン帝国と戦った。しかしここからも逃亡し、プロイセン軍に入隊。戦闘経験を買われてハインリヒ王子連隊や近衛連隊の下士官として在籍した。だがここでも軍に不満を持ち(当時プロイセンは敵国だったフランス人を昇進させなかった)脱走。武装した仲間と共に隣国ザクセン王国へ逃亡し、ドレスデンで野に下っていたが、フランスの王子誕生の恩赦に帰国を許されてブルゴーニュ竜騎兵連隊に復帰。その後カラビニエ騎兵連隊の剣術教官に任命される。更に2年後、軍事顧問団の一員としてナポリ王国入りを果たし、少尉に昇進(単に脱走したとの説もあり)。そのまま妻ガブリエルとリスボンへ駆け落ちする。1788年から1790年はポルトガルに滞在していたがフランス革命の勃発(革命派の国外退去命令)に伴ってフランスに帰国した。

他の言語で