ビーチー岬

上空から
西のバーリン・ギャップ近くから崖と灯台を望む

ビーチー岬(ビーチーみさき、ビーチー・ヘッド、: Beachy Head)は、イングランドイーストボーンの町の近くにあるチョーク岩からなる岬であり、セブン・シスターズの東隣にある。ビーチー岬はイーストボーンバラの所有地であり、その管理下にある。この岬は、海に面したチョーク岩の崖としてはイギリスで最も高く、海面から162メートルの高さがある。南東へ海に面した突端部からは、東はダンジネス英語版、西はセルジー・ビル英語版まで望むことができる。

地質学

航空写真

この岬のチョーク岩は6,600万年〜1億年前の白亜紀後期に形成され、その頃ここはまだ海面下にあったが、新生代に入ってから隆起し陸地となった。最後の氷河期が終わると海面上昇によってイギリス海峡が形成され、波がチョーク岩を削って、サセックスの沿岸部に印象的な断崖をいくつも形づくった。

ビーチー岬周辺の崖は、打ち寄せる波によって形成されたものであり、小さな岩の崩落がしばしば見られる。柔らかいチョーク岩層は、硬い岩石層と幾重にも折り重なって層状になっており、この構造によって崖がどのように侵食されるかが決まってくる。まず打ち寄せる波が崖の下側を掘り崩し、それによって直上のチョーク岩層が板状に崩れ落ちる。さらにいずれはその上のチョーク岩層も崩れ落ち、そうして順に侵食が進んでいくのである[1]。小規模な岩の崩落に比べると、大規模な崩落は稀である。2001年には、冬に大雨が降った際に雨水が岩の割れ目にしみ込んで凍り、割れ目を押し広げた。これによって崖の先端が崩落して海に落ち、「悪魔の煙突」と呼ばれた有名なチョーク岩の塊が破壊された[2]

他の言語で
አማርኛ: ቢቺ ኸድ
català: Beachy Head
čeština: Beachy Head
Cymraeg: Pentir Beachy
Deutsch: Beachy Head
English: Beachy Head
Esperanto: Beachy Head
español: Cabo Beachy
français: Beachy Head
galego: Beachy Head
italiano: Beachy Head
қазақша: Бичи-Хед
Nederlands: Beachy Head
norsk nynorsk: Beachy Head
polski: Beachy Head
português: Beachy Head
русский: Бичи-Хед
srpskohrvatski / српскохрватски: Beachy Head
slovenščina: Beachy Head
svenska: Beachy Head
Türkçe: Beachy Head
Tiếng Việt: Beachy Head
吴语: 昂头角
中文: 比奇角