ビョルン・ロンボルグ

Bjørn Lomborg

ビョルン・ロンボルグ(Bjørn Lomborg, 1965年1月6日 - )は、デンマーク政治学者。現在はコペンハーゲンビジネススクールの非常勤教授、コペンハーゲン環境評価研究所の前所長。

論争を巻き起こした著書『環境危機をあおってはいけない―地球環境のホントの実態』(原題: The Skeptical Environmentalist)で広く知られるようになった。この本の出版は、デンマークや他の国々の科学コミュニティから科学的欺瞞として批判された。この疑惑はデンマークの政府機関により調査され、結局いかなる公的な告発も退けられた。しかし、現在もロンボルグの著作に批判的な科学者が存在する[1]

2002年にロンボルグと環境評価研究所がコペンハーゲン合意を立ち上げた。コペンハーゲン合意とは厚生経済学の理論を基にした方法論を使い、地球規模の厚生福祉に対する優先順位を模索するものである。

自身が同性愛者ならびに菜食主義者であることを公言している[2]

他の言語で
تۆرکجه: بیان لامبو
български: Бьорн Ломборг
čeština: Bjørn Lomborg
español: Bjørn Lomborg
français: Bjørn Lomborg
italiano: Bjørn Lomborg
Nederlands: Bjørn Lomborg
português: Bjørn Lomborg
română: Bjørn Lomborg
slovenčina: Bjørn Lomborg
українська: Бйорн Ломборг