ビョルン・ボルグ

ビョルン・ボルグ
Björn Borg
Tennis pictogram.svg
Björn Borg2.jpg
基本情報
フルネームBjörn Rune Borg
愛称アイス・マン
国籍 スウェーデン
出身地同・セデーテイェ
生年月日(1956-06-06) 1956年6月6日(62歳)
身長180cm
体重73kg
利き手
バックハンド両手打ち
殿堂入り1987年
ツアー経歴
デビュー年1972年
引退年1983年
ツアー通算68勝
シングルス64勝
ダブルス4勝
生涯通算成績695勝209敗
シングルス608勝127敗
ダブルス87勝82敗
生涯獲得賞金$3,655,751
4大大会最高成績・シングルス
全豪3回戦(1974)
全仏優勝(1974・75・78-81)
全英優勝(1976-80)
全米準優勝(1976・78・80・81)
優勝回数11(仏6・英5)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪3回戦(1974)
全仏ベスト4(1974・75)
全英3回戦(1976)
全米3回戦(1975)
国別対抗戦最高成績
デビス杯優勝(1975)
キャリア自己最高ランキング
シングルス1位(1977年8月23日)
ダブルス890位(1993年3月22日)

ビョルン・ボルグ(またはビョーン・ボーリ、ビェーン・ボリなど、Björn Borg スウェーデン語発音: [bjœːɳ bɔrj] ( 音声ファイル), 1956年6月6日 - )は、スウェーデンセデーテイェ(首都ストックホルム近郊の都市)出身の元男子プロテニス選手。ジミー・コナーズアメリカ)やジョン・マッケンロー(アメリカ)らと並んで、男子テニスの黄金時代を築いた名選手のひとりである。全仏オープンに4連覇を含む6勝、ウィンブルドン選手権で5連覇を達成した。4大大会通算「11勝」は、ロッド・レーバーオーストラリア)と並ぶ男子歴代6位タイ記録。

選手経歴

1974年全仏オープンにて、18歳で4大大会初優勝。全仏オープンでは1978年-1981年まで、前人未到の男子シングルス「4連覇」を達成する。同大会の通算優勝回数「6勝」は当時男子歴代最多記録となり、フランスの往年の名選手アンリ・コシェ1901年 - 1987年)の「4勝」を上回った。

1976年ウィンブルドン選手権で初優勝し、1980年7月5日に同選手権で大会「5連覇」を達成した。ジョン・マッケンローとの「3時間55分」に及ぶ決勝戦はテニス史に残る名勝負として語り継がれている。しかし翌1981年の同選手権決勝でマッケンローに 6-4, 6-7, 6-7, 4-6 で敗れ、大会6連覇を逃した。ウィンブルドン選手権の男子シングルス連覇記録は「6連覇」が最高であるが、これは大会黎明期にウィリアム・レンショーイギリス)が最初期の1881年-1886年に、現在とは異なるテニス・トーナメントのシステム(決勝まで勝ち上がって来る挑戦者を、前年勝者は優勝決定戦で待っていて1回だけ勝てば連勝だった)で樹立したものである。

全盛期には、赤土コートの全仏オープンと芝生コートのウィンブルドン選手権を共に3年連続(1978年-1980年)で制覇した。しかし全米オープンでは4度の準優勝に終わっている。1976年1978年ジミー・コナーズに、1980年1981年ジョン・マッケンローに決勝で敗れている。全豪オープン1974年の1度出場したのみで、この時は3回戦でフィル・デントオーストラリア)に敗れた。

ビョルン・ボルグは1983年1月に、当時のトーナメントスケジュールの過密さに反抗し、26歳の若さで突然の現役引退を表明した。1987年国際テニス殿堂入りを果たしている。その後1990年夏に、全盛期に使用していたウッド・ラケットで現役復帰を試みたが、失敗に終わった。現役引退後は、下着ブランド事業の失敗など数多くのトラブルに見舞われたこともあり、公の場にあまり姿を見せてこなかった。1997年全仏オープンの表彰式にボルグが登場し、グスタボ・クエルテンブラジル)に優勝カップを贈呈した。

2007年ウィンブルドンにおいて、ボルグは引退後初めて男子シングルス決勝戦を観戦し、ロジャー・フェデラースイス)が自らのウィンブルドン「5連覇」に並ぶ瞬間を見守った。2008年全仏オープンで、ラファエル・ナダルスペイン)がボルグ以来となる全仏オープン「4連覇」を達成する。2008年ウィンブルドンで、ロジャー・フェデラーラファエル・ナダルに 4-6, 4-6, 7-6, 7-6, 7-9 で敗れ、(1981年のボルグと同じく)1880年代のウィリアム・レンショーの「6連覇」を逃した。初優勝したナダルは、赤土の全仏オープンと芝生のウィンブルドン連続制覇を成し遂げ、1980年のボルグ以来28年ぶりの偉業を達成した。

ボルグはウィンブルドン選手権での全盛期に、芝生コート「41連勝」の最多連勝記録を樹立したが、フェデラーがボルグの連勝記録を更新し、2008年ウィンブルドン決勝でナダルに敗れるまで「65連勝」の記録をつくった。

他の言語で
Afrikaans: Björn Borg
العربية: بيورن بورغ
asturianu: Björn Borg
беларуская: Б’ёрн Борг
български: Бьорн Борг
bosanski: Björn Borg
català: Björn Borg
čeština: Björn Borg
Чӑвашла: Бьорн Борг
Deutsch: Björn Borg
Ελληνικά: Μπγιορν Μποργκ
English: Björn Borg
Esperanto: Björn Borg
español: Björn Borg
euskara: Björn Borg
føroyskt: Björn Borg
français: Björn Borg
Gaeilge: Björn Borg
Gàidhlig: Björn Borg
galego: Björn Borg
hrvatski: Björn Borg
magyar: Björn Borg
íslenska: Björn Borg
italiano: Björn Borg
ქართული: ბიერნ ბორგი
한국어: 비에른 보리
lietuvių: Björn Borg
latviešu: Bjērns Borgs
македонски: Бјорн Борг
Plattdüütsch: Björn Borg
Nederlands: Björn Borg
occitan: Björn Borg
ਪੰਜਾਬੀ: ਬਿਯੋਰਨ ਬੋਗ
polski: Björn Borg
português: Björn Borg
Runa Simi: Björn Borg
română: Björn Borg
русский: Борг, Бьорн
sicilianu: Bjorn Borg
srpskohrvatski / српскохрватски: Björn Borg
Simple English: Björn Borg
slovenčina: Björn Borg
slovenščina: Björn Borg
српски / srpski: Бјерн Борг
svenska: Björn Borg
Türkçe: Björn Borg
українська: Бйорн Борг
Tiếng Việt: Björn Borg
Yorùbá: Björn Borg
粵語: 波格