ビュルネイ島

ビュルネイ島の位置
ビュルネイ島の断崖

ビュルネイ島 (Bjørnøya)、または英名でベア島 (Bear Island) とは北極圏バレンツ海にあるノルウェー本土とスヴァールバル諸島とのおおよそ中間地点に浮かぶ面積178km2、ノルウェー領のである。

歴史

1596年6月10日にオランダ人航海士ウィレム・バレンツによって発見された。島名は周辺海域に生息するホッキョクグマから名付けられた。1603年1604年イギリスの探検家 スティーブン・ベネット (Steven Bennet) により調査されセイウチの繁殖地として認識され始めた。17世紀前半にはセイウチやその他の海産物の狩猟基地として利用され始めた。

19世紀後半になると島の軍事的価値が認識され始める。1898年1899年にはドイツ帝国の探検家Theodor Lernerが島を訪れ領有権を主張。それに対抗しロシア帝国海軍は1899年7月21日に島に旗を掲げた。しかし、両国とも島の実効支配にはいたらなかった。

1915年にノルウェーによって正式に併合され、スヴァールバル諸島の管轄となる。1918年から1932年までは島の炭鉱を経営していた企業Bjørnøen ASの私有地であった。1919年には北部にノルウェーのラジオ局(のちの測候所)が北部のHerwighamnaに建てられた。2002年には測候所周辺を除く島全体(7海里沖合まで)が自然保護区となった。2008年には保護区を島の12海里沖合まで広げた

他の言語で
العربية: جزيرة الدب
asturianu: Islla del Osu
български: Мечи остров
català: Illa de l'Ós
čeština: Medvědí ostrov
Deutsch: Bäreninsel
Ελληνικά: Μπγιέρνεγια
Esperanto: Urso-insulo
español: Isla del Oso
eesti: Karusaar
فارسی: جزیره خرس
suomi: Karhusaari
føroyskt: Bjarnoyggin
français: Île aux Ours
galego: Illa do Oso
עברית: ביירנייה
magyar: Bjørnøya
հայերեն: Արջի կղզի
Bahasa Indonesia: Pulau Beruang (Norwegia)
Lëtzebuergesch: Biereninsel
Limburgs: Baereneilandj
lietuvių: Lokių sala
latviešu: Lāču sala
Nederlands: Bereneiland
norsk nynorsk: Bjørnøya
norsk: Bjørnøya
português: Ilha do Urso
română: Insula Urșilor
davvisámegiella: Bjørnøya
slovenčina: Medvedí ostrov
slovenščina: Medvedji otok
српски / srpski: Медвеђе острво
svenska: Björnön
Türkçe: Ayı Adası
татарча/tatarça: Бьёрнёйа
Tiếng Việt: Đảo Gấu
吴语: 熊島
中文: 熊岛
粵語: 熊島