ビジャ・プエイレドン

ビジャ・プエイレドン
Villa Pueyrredon
アルゼンチンの旗
アレム広場
アレム広場
位置
の位置図
行政
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
  自治市 ブエノスアイレス
  コムーナ C12
 地区( バリオ ビジャ・プエイレドン
地理
面積  
  地区( バリオ)域 3.7 km2
人口
人口 (2001年現在)
  地区( バリオ)域 40,325人
     人口密度   11,000人/km2
その他
等時帯 ART ( UTC-3)
郵便番号

ビジャ・プエイレドン(Villa Pueyrredon)は、 アルゼンチンの首都 ブエノスアイレス自治市の北西部にある地区( バリオ)である。 コムーナ12に属しており、2001年の調査での人口は40,325人である。

中流階級の住民が多い地区である。地区内の通りはほぼ完全に格子状になっており、多くの広場や公園に囲まれている。 ビジャ・ウルキーサ地区、 ビジャ・デボート地区、 アグロノミア地区と隣接している。コンスティトゥエンテス通り、デル・カリル通り、グラル・パス通りが他地区との境界である。鉄道路線のミトレ線がブエノスアイレス自治市の 中心業務地区(CBD)にある レティーロ駅とプエイレドン地区を結んでいる。

歴史

かつての地区の名称はセントラル・アルゼンチン鉄道(今日のミトレ線の一部)の「km14」駅に由来している。1907年、輝かしい功績を挙げた フアン・マルティン・デ・プエイレドン英語版准将に敬意を表して地区の名称がプエイレドンに変更され、1923年には地区名称と同名のビジャ・プエイレドン駅が完成した。この地区は特に イタリア系 スペイン系英語版、また レバノン系などのヨーロッパ系移民によって設立された。彼らはみな19世紀後半から20世紀初頭に地区にやってきて、ラテンアメリカでもっとも重要な「偉大な鉄道計画」に携わった。これらの移民によって多彩な中小企業が数多く設立され、地区に大きな特徴と民族的多様性を与えた。

他の言語で