ビアドゥクト・デル・マジェコ

マジェコ高架橋
マジェコ高架橋
マジェコ高架橋
基本情報
 チリ
所在地ラ・アラウカニア州マジェコ県英語版コジプジ
交差物件マジェコ川英語版
用途鉄道橋
設計者アウレリオ・ラスタリアスペイン語版
着工1886年
竣工1890年
開通1890年10月26日
座標南緯37度57分47秒 西経72度26分20秒 / 南緯37度57分47秒 西経72度26分20秒 / -37.96306; -72.43889
構造諸元
形式高架橋トラス橋
材料鋼材
全長347.5 m
4 m
高さ102 m
最大支間長69.5 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

ビアドゥクト・デル・マジェコ西: Viaducto del Malleco: Malleco Viaduct、マジェコ高架橋の意)は、チリ共和国ラ・アラウカニア州マジェコ県英語版コジプジにある鉄道橋である。

当橋梁は、中央チリ英語版に位置しており、コジプジの南にあるマジェコ川英語版 (Río Malleco) 渓谷を越えるために架かっている。パンアメリカン・ハイウェイが、高架橋のすぐ隣を通っている。

1890年10月26日に、ホセ・マヌエル・バルマセーダ英語版 (José Manuel Balmaceda) 大統領によって、当橋梁の開通式が行われた[1]

当橋梁は、アウレリオ・ラスタリアスペイン語版 (Aurelio Lastarria) によって設計されており[2]、そして橋梁の建設は別のフランス企業であるシュナイダー社英語版 (Schneider et Cie. O Le Creusot) (現・シュナイダーエレクトリック (Schneider Electric) )に与えられた。一般の俗説では、ギュスターヴ・エッフェル (Gustave Eiffel) によって当橋梁が設計されたとしている。エッフェルは橋梁の提案をしたが、それはチリ当局によって拒否されている。

1990年に、当橋梁が国定記念物英語版として宣言されている[3]

脚注

  1. ^ Malleco Viaduct”. Entry on the UNESCO Tentative List. 2008年7月3日閲覧。
  2. ^ Henry Grattan Tyrrell, History of Bridge Engineering, Published by The author, Chicago, 1911, pg. 384
  3. ^ Consejo de Monumentos Nacionales de Chile: Viaducto del Malleco[リンク切れ] (スペイン語)
他の言語で
čeština: Malleco (most)
lietuvių: Maljeko viadukas
українська: Віадук Маєко