パーニニ

パーニニIAST: Pāṇini, デーヴァナーガリー: पाणिनि; "パーニの子孫"の意)は、紀元前4世紀頃のインド文法学者である。ガンダーラ(現在のパキスタン)出身。

パーニニはサンスクリット文法学者であり、ヴェーダの補助学(ヴェーダーンガ)のひとつとして生まれた文法学(ヴィヤーカラナ)の体系を確立した。パーニニはアシュターディヤーイーअष्टाध्यायी、「八つの章」の意。『パーニニ文典』とも呼ぶ)として知られる文法体系の中でサンスクリット形態論を3959個の規則にまとめたことで名高い。

アシュターディヤーイーは母音子音の文字表から語根からの語幹の派生法や複合語の分類及び品詞の活用などについて略記号を用いて古典サンスクリット語文法について詳解している。アシュターディヤーイーはサンスクリット文法についての最古のもののひとつとされているが、パーニニ自身はさらに古い3つの書(ウナーディスートラ、ダートゥパータ、ガナパータ)について言及している。アシュターディヤーイーは共時的言語学、生成言語学としての最古の研究として知られ、またそれとほぼ同じころの、ニルクタ語源学)、ニガントゥ(類語辞典のようなもの)、シクシャー音声学音韻論)とともに言語学の歴史英語版の始まりに位置する。

パーニニによる、広範囲かつ科学的な文法理論は、伝統的に続いて来たヴェーダ語の終わりを記しづけ、同時に今日までに至るサンスクリットの始まりを告げるものである。

2004年8月30日月曜日、インドの郵政省はパーニニをたたえる5ルピーの切手を発行した。

他の言語で
العربية: بانيني
বাংলা: পাণিনি
brezhoneg: Pānini
català: Pànini
corsu: Pānini
čeština: Pánini
dansk: Panini
English: Pāṇini
Esperanto: Panini
euskara: Pāṇini
estremeñu: Pānini
فارسی: پانینی
suomi: Pāṇini
galego: Pāṇini
हिन्दी: पाणिनि
հայերեն: Պանինի
interlingua: Pāṇini
Bahasa Indonesia: Pāṇini
italiano: Pāṇini
Basa Jawa: Pāṇini
ಕನ್ನಡ: ಪಾಣಿನಿ
Latina: Panines
lietuvių: Paninis
Malagasy: Pāṇini
മലയാളം: പാണിനി
मराठी: पाणिनी
नेपाली: पाणिनि
नेपाल भाषा: पाणिनि
Nederlands: Pāṇini
norsk nynorsk: Panini
norsk: Pāṇini
occitan: Pāṇini
ଓଡ଼ିଆ: ପାଣିନି
ਪੰਜਾਬੀ: ਪਾਣਿਨੀ
پنجابی: پاݨینی
português: Pānini
română: Pāṇini
русский: Панини
संस्कृतम्: पाणिनिः
Scots: Pāṇini
srpskohrvatski / српскохрватски: Pāṇini
தமிழ்: பாணினி
తెలుగు: పాణిని
Türkçe: Panini
татарча/tatarça: Панини
українська: Паніні
اردو: پانینی
中文: 波你尼