パンプルムース県

パンプルムース県
Pamplemousses District
パンプルムース県の位置
モーリシャスの旗モーリシャス
県都トリオレット英語版
面積
 - 計178.7km2 (69mi2)
人口 (2015年)
 - 計139,752人
ISO 3166コードMU-PA (Pamplemousses)

パンプルムース県(Pamplemousses District)は、モーリシャスの県。2015年の人口は13万9752人、面積は178.7km2、人口密度は782人/km2[1]モーリシャス島の北部に位置する。県都はトリオレット英語版。パンプルムースとは、フランス語グレープフルーツを意味する。パンプルムース県は、モーリシャスの名所のひとつであるSSR植物園(サー・シウサガル・ラングーラム植物園)があることで知られる。この植物園ピエール・ポワブル(Pierre Poivre9によって1770年に建てられ、モーリシャスの初代首相であるシウサガル・ラングーラムを記念して1988年に現在の名称に改称した。この植物園は25haあり、中には各種スパイスやサトウキビコクタンや85種類のヤシなど、モーリシャス島の位置するインド洋周辺に広がるアフリカアジアから多種多様な植物が集められている。

他の言語で