パレスチナ独立戦争

パレスチナ独立戦争
イギリス委任統治領パレスチナの反乱
Train hostages.jpg
武装列車に乗るイギリス兵と2人のパレスチナ人捕虜
1936年4月 - 1939年8月
場所パレスチナ(現在のイスラエル+パレスチナ)
結果反乱の鎮圧
衝突した勢力

イギリスの旗イギリス
Flag of the British Army.svg イギリス陸軍
パレスチナ警察軍
ユダヤ人居住区警察
ユダヤ人臨時警察
特殊夜間分隊


イシューブ


パレスチナ・アラブ平和団

Flag of Hejaz 1917.svg パレスチナ人
アラブ高等委員会(~1937年10月)
パレスチナ国立ジハード中央委員会(1937年10月~)


地方勢力反乱(ファサーイル)
アラブ世界の義勇兵
指揮官

アーサー・グレンフェル・ワウチョープ将軍
パレスチナ・トランスヨルダン高等委員会最高指揮官
(1932年~38年)
ハロルド・マクミカエル高等委員(1938年~44年)
Flag of the British Army.svgジョン・ディル陸軍中将(1936年~37年)
Flag of the British Army.svgアーチボルド・ウェーヴェル陸軍中将(1937年~38年)
Flag of the British Army.svgロバート・ハイニング陸軍中将(1938年~39年)
Flag of the British Army.svgバーナード・モントゴメリー陸軍少将(第8歩兵部隊司令官)(1938年~39年)
Air Force Ensign of the United Kingdom.svgロデリック・ヒル空軍准将(パレスチナ・トランスヨルダン空軍)(1936年~38年)
Air Force Ensign of the United Kingdom.svgアーサー・ハリス空軍准将(パレスチナ・トランスヨルダン空軍)(1938年~39年)
Naval Ensign of the United Kingdom.svgダドリー・パウンド地中海艦隊海軍大将(1936年~39年)


エリヤフ・ゴロンブハガナー司令官
アブドゥ・アル・ラヒム・アル・ハッジュ(アブ・カマル)最高司令官(戦死)
ファウジ・アル・カウクジ(追放)
ハサン・サラマ
アミーン・フサイニー(亡命)
ラグヒブ・アル・ナシャシビ(負傷)
イッザトゥ・ダーワザ(亡命)
アブドゥル・ハッリク(戦死)
ユスフ・サイドゥ・アブ・ドゥッラ(処刑)
ユスフ・ハムダン(戦死)
ファフリ・アブドゥ・アル・ハディ(負傷)
アリフ・アブドゥ・アル・ラジク
モハンマドゥ・マフモウドゥ・ラナーアン
ハミドゥ・スレイマン・マーダウィ(戦死)
ムスタファ・オスタ(戦死)
ファーハン・アル・サーディ(処刑)
アブドゥ・アル・カディー・アル・フサイニ(亡命)
アフマドゥ・モハマドゥ・ハサン(アブ・バクー)
イブラヒム・ナッサー
モハンメドゥ・サレー・ハマドゥ(戦死)
アブ・イブラヒム・アル・カビー
ワシフ・カマル
イッサ・バッタトゥ(戦死)
サーイドゥ・アル・アス(戦死)
戦力
イギリス兵:2万5000人~5万人[1][2]
ユダヤ人警察、臨時定住護衛:2万人[3]
ハガナー戦士:1.5万人[4]
パレスチナ警察軍:2883人(1936年)[5]
エツェル兵:2000人[6]
1000人~3000人(1936年~37年)
2500人~7500人(1938年)
6000人~1.5万人の追加兵[7]
被害者数
イギリス軍:262人が死亡、550人が負傷[8]
ユダヤ人:300人が死亡、4人が処刑[9][8]
アラブ人:5000人が死亡、1.5万人が負傷、108人が処刑、1万2622人が監禁、5人が亡命[1]
[1][8]
[8][8]

パレスチナ独立戦争もしくはパレスチナ・アラブ反乱英語: 1936–39 Arab revolt in Palestineヘブライ語: המרד הערבי הגדול‎)は、イギリス委任統治領パレスチナのパレスチナ・アラブ人が大量のユダヤ人入植への反発とイギリス植民地支配に対し独立を求め起こした民族主義反乱である[10]

反乱は主に2つの期間に分類される。[11]第1期は都市の精鋭であるアラブ高等委員会(HAC)が指揮し、同盟罷業と政治的抗議が主だった。[11]1936年10月までに、この段階はイギリスのパレスチナ・トランスヨルダン高等委員会が政治的合意、外交(イラクサウジアラビアトランスヨルダンイエメンの支配者を含む)、戒厳令を組み合わせて破壊した。[1][11]

一方、第2期は1937年後半に始まり、暴力的で貧民が率いる抵抗運動がイギリス軍を襲撃した[11]。第2期の間、反乱はイギリス軍やパレスチナ警察軍が野蛮な方法で鎮圧する事で、アラブ人の反乱への援助を削る事を狙った[11]

イギリスの公式の記録によると、軍と警察は戦闘で2000人以上のアラブ人を殺害し、108人を処刑し、961人がイギリスの言う「ギャング・テロ行為」で殺害された[8][1]

イギリス統計局のワリドゥ・ハリディの分析によると、1万9792人のアラブ人が犠牲者となった。内訳はイギリス人に殺された3832人、「テロ行為」で殺害された1200人(死者合計5032人)、負傷者が1万4760人である。[1]パレスチナ人の成人男性(20歳~60歳)の1割以上が死亡・負傷・収監・亡命した。[12] パレスチナ・ユダヤ人は91人~数百人が殺害されたと推定されている。[13][14]

パレスチナでの反乱は失敗したが、のちのパレスチナ戦争(1948年)のきっかけになった。[15]

この反乱はイギリスによるハガナーのようなシオン主義軍事組織へのアラブのパレスチナでの大規模支援に繋がり、反乱の指導者であるエルサレムの大ムフティであるハジュ・アミン・アル・フッセイニは亡命した。

他の言語で