パナマ運河

閘門及び海峡の配列を示すパナマ運河の全体図。南の太平洋岸からパナマ市を右手に見て25kmほど北西に運河を進むとガトゥン湖に入り、北のカリブ海側に到達する。

パナマ運河(パナマうんが、スペイン語: Canal de Panamá英語: Panama Canal)は、パナマ共和国パナマ地峡を開削して太平洋カリブ海を結んでいる閘門運河である。

パナマ運河の位置を示す衛星画像。密林は緑色で可視化されている。

パナマ運河の規模は全長約80キロメートル、最小幅91メートル、最大幅200メートル、深さは一番浅い場所で12.5メートルである。マゼラン海峡ドレーク海峡を回り込まずにアメリカ大陸東海岸と西海岸を海運で行き来できる。スエズ運河を拓いたフェルディナン・ド・レセップスの手で開発に着手したものの、難工事とマラリアの蔓延により放棄。その後パナマ運河地帯としてアメリカ合衆国によって建設が進められ、10年の歳月をかけて1914年に開通した。長らくアメリカによる管理が続いてきたが、1999年12月31日正午をもってパナマに完全返還された。現在はパナマ運河庁 (ACP) が管理している。国際運河であり、船籍・軍民を問わず通行が保証されている。

2002年の実績によれば、年間通航船舶数は13,185隻。通航総貨物量は1億8782万トン(いずれもパナマ運河庁調べ)。

構造

パナマ運河
numN045
km
mi
uDOCKSm uDOCKSm uDOCKSm uDOCKSm uDOCKSm uDOCKSm uDOCKSm
大西洋 (カリブ海)
HUB-Rq HUBaf-L
0 大西洋入口、 マンサニージョ湾防波堤の入口
uDOCKSm uDOCKSm BS KDSTa
8.7
5.4
コロン港
BS STR HUB-L
コロン、クルーズターミナル、 MIT、 コロン自由貿易地域、 空港
uFABZgl+l uDOCKr KBHFaq ABZg+r HUB-L
クリストバル港 大西洋旅客駅
HUB-Lq
HUB-Lq HUB-Lq
HUBeg-L
LRAoWq LRAq uSKRZ-ALu LRAq LRAq SKRZ-ALu LRAq
第三パナマ運河橋
WASSER
uSTRq uSTR+r STR
WASSER uSPLa uFGATEd STR
WASSER uvLock3 uPANAMACANAL-BASINSr
STR
1.9
1.2
ガツン閘門 3閘室, 26 m (85 ft)
WASSER uvLock3 uPANAMACANAL-BASINSr
STR
大西洋閘門 3閘室; 節水槽
WASSER uSPLe uPANAMACANAL-BASINSr
STR
WASSER
uSTRq uSTRr STR
STR
WASSERl
STR
ガトゥンダム, チャグレス川水力発電、放水路
vDSTR+R
DSTRag
24.2
15.0
ガトゥン湖
uexWWECHSELq
hWSTR WASSERq
ガトゥン川、土手道、モンテリリオ橋
DSTRef
STR
STR
8.5
5.3
ガンボア
ueFABZgl+l uexWWECHSELq
WBRÜCKE uexRESVl
チャグレス川、 マッデンダム、アラフエラ湖(マッデン湖)
STR
水力発電
uCSTRag STR
12.6
7.8
クレブラ・カット (ゲイラード・カット)
WGRZq WGRZq
WGRZq
WGRZq
分水嶺
RAq RAq
RAq RAq SKRZ-Au RA+r
センテニアル橋 (パンアメリカンハイウェイの一部、パナマシティ経由)
uSTR+l uSTRq
STR
uFGATEu uvLock5 STR
1.4
0.9
ペドロ・ミゲル閘門 1閘室, 9.5 m (31 ft)
uPANAMACANAL-BASINSl uSPLe STR
太平洋閘門 3閘室; 節水槽
uPANAMACANAL-BASINSl uBHF TUNNEL1
1.7
1.1
ミラフローレス湖
uPANAMACANAL-BASINSl
uexSTR+r STR
uSTR uvSTAIRg uxWEIRg STR
1.7
1.1
ミラフローレス閘門 2閘室、16.5 m (54 ft); 放水路
HUB-Rq
HUBaf-L
HUB-L BSl uDOCKSm uDOCKSm BS KDSTe HUB-L
13.2
8.2
バルボア港
HUB-L BSl uDOCKSm uDOCKSm BS KDSTe HUB-L
ディアブロ、コロザル旅客駅、 空港、パナマ鉄道ターミナル
HUB-L uSTR BSa
HUB-L
バルボア
 
total
アメリカ橋 (Arraiján–パナマ市)
GRZq
GRZq
77.1
47.9
太平洋入口
uDOCKSm uDOCKSm uDOCKSm uDOCKSm uDOCKSm uDOCKSm uDOCKSm
太平洋 (パナマ湾)
 凡例 
uSTRq uSTRq
パナマ運河主水路 (最大喫水: 39.5フィート (12.0 m))
uLSTRq uLSTRq
第三閘門ルート
WASSERq WASSERq
運河以外の水流
uDOCKr BS
ドック、工業・物流エリア
lvNULf
水の流れる方向
BHFq KDSTeq
パナマ鉄道 (旅客駅、貨物駅)
lDST
都市、町、村
パナマ運河のガトゥン閘門
ガトゥン湖。もとは丘陵だった島々が浮かぶ

パナマ運河の通路は以下のようになっており、上り下りにそれぞれ3段階、待ち時間を含め約24時間をかけて通過させる。

カリブ海 ⇔ ガトゥン閘門 ⇔ ガトゥン湖 ⇔ ゲイラード・カット ⇔ ペドロ・ミゲル閘門 ⇔ ミラ・フローレス湖 ⇔ ミラ・フローレス閘門 ⇔ 太平洋

カリブ海からやってきた船は、コロンでパナマ運河へと進入する。コロンはカリブ海有数の港であり、コロン自由貿易地域やラテンアメリカ最大のコンテナ港であるマンサニージョ港などが存在し、パナマ地峡鉄道の起点・コロン駅も存在する。コロンを過ぎると、すぐにガトゥン閘門にぶつかる。ここには閘室が3つあり、ここで船は海面の0mから一気に26mにまで上昇する。ガトゥン閘門の最後の閘室を抜けると、パナマ運河の最高地点である海抜26mのガトゥン湖に到達する。ガトゥン湖はカリブ海側に流れるチャグレス川をせき止めてできた人造湖で、かつての山頂や尾根が半島や島として点在している。ガトゥン湖最大の島であるバロコロラド島を過ぎ、ガトゥン湖を抜けてしばらく行ったところにガンボアの街がある。ガンボアは北東から流れてくるチャグレス川が運河へと流れ込む地点であり、チャグレス川の上流にあるマッデンダムとアラフエラ湖(旧名マッデン湖)は、ガトゥン湖とパナマ運河への水の供給と水量安定機能を担っている。ガンボアを過ぎると、船はクレブラ・カット(ゲイラード・カット)と呼ばれる切り通しへと入る。ここは両洋の分水嶺にあたり、また地質がもろいために崖崩れが起きやすく、運河建設時は最も難工事となった区間である。現在では度重なる崖崩れに対処するために側面がコンクリートで固められ、また幅も大幅に拡張されてパナマックス船ですらすれ違いが可能となっている[1]。クレブラ・カットの終端部付近には、パンアメリカン・ハイウェイの通るセンテニアル橋が架かっている。クレブラ・カットを過ぎると、1閘室のみのペドロ・ミゲル閘門 があり、ここでやや高度を下げてミラフローレス湖へと入る。ミラフローレス湖の先には2閘室あるミラフローレス閘門が存在し、ここで船は完全に海面へと高度を下げる。ミラフローレス閘門を過ぎてすぐのところにバルボア市があるが、ここはパナマ運河の太平洋入口であり、パナマ地峡鉄道の終着駅やバルボア港がある。バルボアはパナマ市と隣接しており、ほぼパナマ市の経済圏に組み込まれている。パナマ運河出口付近には、初の運河横断橋であるアメリカ橋が架かっている。

海抜26メートルのガトゥン湖(運河の最高点)が存在するなど運河中央部の海抜が高いため、閘門(こうもん)を採用して船の水位を上下させて通過させている(“水の階段”と呼ばれる)。人造湖であるガトゥン湖と、ガトゥン閘門(3閘室)、ペデロ・ミゲル閘門(1閘室)、ミラフローレス閘門(2閘室)の3か所の2レーンの水門が存在する。最高地点の海抜が高く、多くの閘門を利用して徐々に上がっていくため、パナマ運河は「船が山を越える」と評されることもある[2]

パナマ運河を通過できる船の最大のサイズはパナマックスサイズと呼ばれている。閘門のサイズにより、通過する船舶のサイズは、全長:294.1メートル、全幅:32.3メートル、喫水:12メートル、最大高:57.91メートル以下に制限されていたが、2016年6月26日の拡張工事完成後は、それぞれ最大全長:366メートル、全幅:49メートル[3][4]、喫水:15.2メートルまでの航行が可能となり、通過可能船舶の範囲が大幅に拡大した。

ただし、載貨時の吃水が元々大きいタンカーや 鉱石運搬船は対象外で、コンテナ船の内、最も大型の一部もこの新閘門には対応はできないものがある。旅客船については、現在までに計画具体化あるいは建造中のものを含めて全て通航可能で、クルーズ客船の運用に大きな変化を及ぼすものと考えられている(パナマ運河自体が一つの観光資源である)。この新水路は昇降に用いた湖水を再利用できる設計となっている。

他の言語で
Afrikaans: Panamakanaal
Alemannisch: Panamakanal
አማርኛ: ፓናማ ቦይ
aragonés: Canal de Panamá
العربية: قناة بنما
অসমীয়া: পানামা খাল
asturianu: Canal de Panamá
azərbaycanca: Panama kanalı
башҡортса: Панама каналы
Boarisch: Panamakanal
žemaitėška: Panamas kanals
беларуская: Панамскі канал
беларуская (тарашкевіца)‎: Панамскі канал
български: Панамски канал
भोजपुरी: पनामा नहर
brezhoneg: Kanol Panamá
bosanski: Panamski kanal
Mìng-dĕ̤ng-ngṳ̄: Panama Ông-ò̤
Cymraeg: Camlas Panama
Deutsch: Panamakanal
ދިވެހިބަސް: ޕެނަމާ ކެނަލް
English: Panama Canal
Esperanto: Panama kanalo
føroyskt: Panamaveitin
français: Canal de Panama
客家語/Hak-kâ-ngî: Panama Yun-hò
עברית: תעלת פנמה
हिन्दी: पनामा नहर
Fiji Hindi: Panama Canal
hrvatski: Panamski kanal
interlingua: Canal de Panama
Bahasa Indonesia: Terusan Panama
Ilokano: Kanal Panama
Basa Jawa: Terusan Panama
ქართული: პანამის არხი
Kabɩyɛ: Panama Hɛŋa
한국어: 파나마 운하
къарачай-малкъар: Панама илипин
Кыргызча: Панама каналы
Lëtzebuergesch: Panamakanal
Limburgs: Panamaknaal
lumbaart: Canal de Panama
lietuvių: Panamos kanalas
latviešu: Panamas kanāls
олык марий: Панама канал
Baso Minangkabau: Tarusan Panama
македонски: Панамски Канал
മലയാളം: പനാമ കനാൽ
Bahasa Melayu: Terusan Panama
नेपाली: पानामा नहर
नेपाल भाषा: पनामा नहर
Nederlands: Panamakanaal
norsk nynorsk: Panamakanalen
ਪੰਜਾਬੀ: ਪਨਾਮਾ ਨਹਿਰ
Piemontèis: Canal ëd Panamà
پنجابی: نہر پانامہ
português: Canal do Panamá
română: Canalul Panama
tarandíne: Canale de Panama
русиньскый: Панамскый канал
srpskohrvatski / српскохрватски: Panamski kanal
Simple English: Panama Canal
slovenčina: Panamský prieplav
slovenščina: Panamski prekop
Soomaaliga: Kanaalka Banama
српски / srpski: Панамски канал
Seeltersk: Panamakanoal
svenska: Panamakanalen
Türkmençe: Panama kanaly
Türkçe: Panama Kanalı
татарча/tatarça: Panama kanalı
українська: Панамський канал
oʻzbekcha/ўзбекча: Panama kanali
vepsän kel’: Panaman kanal
Tiếng Việt: Kênh đào Panama
Yorùbá: Ìladò Panamá
Zeêuws: Panamakanaol
Bân-lâm-gú: Panama Ūn-hô