パイパー PA-28

PA-28

パイパー PA-28-236 ダコタ

パイパー PA-28-236 ダコタ

1976年製PA-28-151

PA-28 チェロキー(PA-28 Cherokee)は、飛行訓練、エアタクシー、自家用機などを目的として設計された軽飛行機のファミリーで、パイパー・エアクラフトが製造している[1]

PA-28 ファミリーは、すべて、全金属製・非与圧・低翼・前輪式の単発レシプロ機である。ドアは副操縦士の側に一つあり、主翼を踏んで乗り込む[1][2]

最初のPA-28は、1960年連邦航空局から型式証明を取得したが、このシリーズは現在でも生産されている。現在製造中のモデルはアロー(Arrow)とアーチャー(Archer)である。アーチャーは、2009年に一度生産中止になったが、新しくパイパーを買収したインプリミス英語版の資本によって、2010年から再生産を始めた[3][4][5]

PA-28 シリーズと競合するのは、セスナ 172グラマン・アメリカン AA-5英語版ビーチクラフト マスケティアなどである[6]

パイパーは、チェロキー・ファミリー内にいくつかの派生型を作ってきたが、これには140から300馬力 (100から220kW)のエンジン・ターボチャージャーの有無・固定式または引込式の降着装置・固定ピッチプロペラまたは定速プロペラ英語版・座席を追加して6人乗りとするための胴体延長などが含まれる。6人乗りの派生型は一般的にはPA-32と呼ばれている。PA-32の初期の型は「チェロキー・シックス」として知られ、サラトガと呼ばれた後期の型は2009年まで生産されていた[1][7]

他の言語で
Alemannisch: Piper PA 28
Deutsch: Piper PA-28
français: Piper PA-28
hrvatski: Piper PA-28
italiano: Piper PA-28
português: Piper Arrow
русский: Piper PA-28 Cherokee
slovenščina: Piper PA-28 Cherokee
српски / srpski: Пајпер PA-28
тоҷикӣ: Piper PA-28 Cherokee
українська: Piper PA-28 Cherokee