パイパー PA-28

PA-28

パイパー PA-28-236 ダコタ

パイパー PA-28-236 ダコタ

1976年製PA-28-151

PA-28 チェロキー(PA-28 Cherokee)は、飛行訓練、エアタクシー、自家用機などを目的として設計された 軽飛行機のファミリーで、 パイパー・エアクラフトが製造している [1]

PA-28 ファミリーは、すべて、全 金属製・非与圧・低翼・ 前輪式の単発 レシプロ機である。ドアは 副操縦士の側に一つあり、 主翼を踏んで乗り込む [1] [2]

最初のPA-28は、 1960年連邦航空局から 型式証明を取得したが、このシリーズは現在でも生産されている。現在製造中のモデルはアロー(Arrow)とアーチャー(Archer)である。アーチャーは、 2009年に一度生産中止になったが、新しくパイパーを買収した インプリミス英語版の資本によって、 2010年から再生産を始めた [3] [4] [5]

PA-28 シリーズと競合するのは、 セスナ 172 グラマン・アメリカン AA-5英語版ビーチクラフト マスケティアなどである [6]

パイパーは、チェロキー・ファミリー内にいくつかの派生型を作ってきたが、これには140から300馬力 (100から220kW)のエンジン・ ターボチャージャーの有無・固定式または引込式の 降着装置・固定ピッチ プロペラまたは 定速プロペラ英語版・座席を追加して6人乗りとするための胴体延長などが含まれる。6人乗りの派生型は一般的にはPA-32と呼ばれている。PA-32の初期の型は「チェロキー・シックス」として知られ、サラトガと呼ばれた後期の型は2009年まで生産されていた [1] [7]

開発

チェロキーを発表したとき、 パイパーの単発全 金属飛行機の主力は PA-24 コマンチ英語版だったが、これはより大型で、引込式の着陸脚と定速 プロペラを装備していた。Karl Bergey [8]Fred WeickJohn Thorpは、チェロキーを、 セスナ 172に対抗できるように製造および部品のコストを下げた、コマンチの安価な代替機として設計した。ただし、その後、チェロキーのいくつかは、引込脚と定速プロペラを装備した。

チェロキーとコマンチは、並行して製造され、異なる市場区分に十年以上供給された。これは、 PA-32R英語版に置き換えられる形で、コマンチの製造が 1972年に終了するまで続いた [1]

PA-28 チェロキー

Singapore Youth Flying ClubのライブラリのPA-28-161 ウォーリアII。今でも世界中で基礎飛行訓練に使われている
フロートのついたPA-28-180
1966年製PA-28-140
PA-28R-200 チェロキー・アローの着陸脚の格納扉。これは、この引込脚モデルを見分ける特徴である
PA-28RT-201 チェロキー・アローIV。T字尾翼が特徴的である
記録を樹立した イギリス人 パイロット Polly Vacherによる彼女のPA-28-236 ダコタの飛行。この機体は 1994年製造

オリジナルのチェロキーは、チェロキー150とチェロキー160(PA-28-150とPA-28-160)で、 1961年に製造が開始された(異なる場合もあるが、モデル番号は馬力を表している) [1]

1962年パイパーは180馬力 (130 kW)の ライカミング O-360英語版を搭載したチェロキー180(PA-28-180)を追加した。追加された出力によって、(乗客の重量と 燃料の量にもよるが)4席すべてに乗機した状態でも実用的な飛行ができるようになった。このモデルはいまでも中古市場で人気がある [1]1968年、操縦席が改良され、 エンジンの制御が「プッシュ-プル」式からレバーになった。加えて、三番目の窓が両側に追加され、現在の製品に見られるような現代的な外観になった [9]

パイパーは、ラインの拡大を続けた。 1963年、よりパワフルなチェロキー235(PA-28-235)を発表した。これは、積載量の面で セスナ 182に対して有利な対抗機となった。チェロキー235は、ライカミング O-540の出力を235馬力 (175 kW)に下げたエンジンと、最終的にチェロキー・シックスにも使われた長い主翼を装備した。両方の翼端にはそれぞれ17米ガロン (64 L)のチップタンクが取り付けられ、チェロキー235が携行できる燃料は合計84米ガロン (320 L)になった [1]1973年、後席の足元を広げるために胴体が延長され、 スタビレーターの面積も拡大された。また、販売名が「235」からチャージャーに変更され、 1974年に再度変更されてパスファインダーとなった。パスファインダーの生産は 1977年まで続き、 1978年モデルは存在しない。 1979年、パイパーはこの機体にテーパー翼を与え、名称をまた変更してダコタとした[ 要出典]

1964年、パイパーは、チェロキー140(PA-28-140)をラインの最下位として発表した。これは、練習用に設計され、最初は2名しか運べなかった [1]。 PA-28-140のエンジンは発表後すぐに改良され、150馬力 (110 kW)を発生するようになったが、名称は-140のままとされた。

1967年、パイパーは、PA-28R-180 チェロキー・アローを発表した。この機体は、定速 プロペラと引込脚、それに180馬力 (130 kW)のライカミング IO-360-B1E エンジンを装備していた。ライカミング IO-360-C1Cを搭載して200馬力 (150 kW)とした派生型は、PA-28R-200と名付けられ、 1969年からオプションとして提供された。180馬力 (130 kW)のモデルは 1971年に販売が中止された [10]。アローを発表すると同時に、パイパーは、チェロキー150とチェロキー160を生産中止とした [1] [11] [12]

1972年、後席の足元を広げるために胴体を5インチ (13 cm)延長したアローIIが発表された [10]

1977年、パイパーは、以前のPA-25-181で低速時の扱いを改善することに成功したセミテーパー翼と長いスタビレーターを装備した、アローIII(PA-28R-101)を発表した。また、燃料 タンクも容量が50から77米ガロン (190から290L)に拡大された [12]

ターボチャージャーを装備した最初のモデルであるPA-28R-201Tも、1977年に発表された。この機体は、Rajayのターボチャージャー付き6気筒エンジンであるコンチネンタル TSIO-360-Fを装備していた。オプションとして、3翔プロペラが選択できた [10]

1979年、アローは、当時パイパーの他の機体で共通して使われていたT字尾翼に変更され、PA-28RT-201 アローIVとなった [12]

1971年、パイパーは、チェロキー140のチェロキー・クルーザー2+2と呼ばれる派生型を発売した。140という名称のままだったが、実際には150馬力 (110 kW)で、主として4座バージョンとして出荷された。1973年、チェロキー180はチェロキー・チャレンジャーと名付けられ、胴体を少し延長し主翼の幅を増したチェロキー235は、チャージャーと名付けられた [1]。1974年、パイパーはチェロキーのモデルのいくつかの販売名を変更し、残っていたクルーザー2+2(140)は単にクルーザー、チャレンジャーはアーチャー(PA-28-181)、チャージャー(235)はパスファインダーとした [11]

パイパーは、チェロキー150を1974年に再発表し、名前をチェロキー・ウォーリア(PA-28-151)に変更して、アーチャーの延長された胴体と、新しいセミテーパー翼を与えた [1] [11]

1977年、パイパーは、クルーザー(140)とパスファインダー(235)の製造を中止したが、新しい235馬力 (175 kW)のダコタ(PA-28-236)を発表した。これは、チェロキー235、チャージャー、および、パスファインダーをもとにしていたが、新しいセミテーパー翼をもっていた [11]

PA-28-201T ターボ・ダコタは、PA-28-236の発表に続いて1979年に発表された。この機体は基本的に固定脚のアローIIIと同じで、200馬力 (150 kW)を発揮するターボ付きのコンチネンタル TSIO-360-FB エンジンを搭載していた。この機体はあまりよく売れず、 1980年に製造が中止された [13]

1978年、パイパーは、ウォーリアを改良して160馬力 (120 kW)のPA-28-161とし、名前をチェロキー・ウォーリアIIとした。ホイール・フェアリングは、空力的に改良された。 1982年7月以降に製造されたウォーリアIIの後期のモデルは、総重量が2,440ポンド (1,110 kg)に増加し、有効積載量は900ポンド (410 kg)を超えた。同機は グラスコックピットを装備したウォーリアIIIとなり、 練習機として販売された [14] [15]

PA-32

1965年パイパーは、PA-28を延長して、チェロキー・シックスを開発し、PA-32と名付けた。この機体は、延長された胴体と、1名の 操縦士と5人の乗客のための座席を持っていた [11]

ブラジル、アルゼンチン、チリにおける生産

PA-28sは、 ブラジルエンブラエルでEMB-711A/EMB-711C Corisco(PA-28R-200)、EMB-711B(PA-28R-201)/EMB-711T(PA-28RT-201)/EMB-711ST Corisco Turbo(PA-28RT-201T)、そして、EMB-712 Tupi(PA-28-181)として ライセンス生産された。 アルゼンチンでは、 サンフアン Chincul SACAIFI英語版で製造された。Chincul S. A.は、 1972年- 1995年の間に、チェロキー・アーチャー、ダコタ、アロー、そして、ターボアローを含む960機を製造した [16]。PA-28-236 ダコタは、 チリ空軍の整備航空団(のちに ENAER英語版になった)でもライセンス生産された。 1982年9月までに、20機のダコタが チリで組み立てられた [17]

ニュー・パイパー・エアクラフト

もとの パイパー・エアクラフト社は、 1991年に破産を宣告された。 1995年、ニュー・パイパー・エアクラフト社が作られ、 2008年に再び名前をパイパー・エアクラフトに変更した。 この会社が現在生産している派生型は、180馬力 (130 kW)のアーチャーLXとTX、および、200馬力 (150 kW)のアローである [18]

他の言語で
Alemannisch: Piper PA 28
Deutsch: Piper PA-28
français: Piper PA-28
hrvatski: Piper PA-28
italiano: Piper PA-28
português: Piper Arrow
русский: Piper PA-28 Cherokee
slovenščina: Piper PA-28 Cherokee
српски / srpski: Пајпер PA-28
тоҷикӣ: Piper PA-28 Cherokee
українська: Piper PA-28 Cherokee