バーバリライオン

バーバリライオン
BarbaryLionB1898bw.jpg
1898年の絵
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
: ヒョウ属 Panthera
: ライオン P. leo
亜種 : バーバリライオン P. l. leo
学名
Panthera leo leoLinnaeus, 1758
和名
バーバリーライオン
英名
Barbary Lion
Atlas Lion
Nubian Lion

バーバリライオンPanthera leo leo)は、 食肉目 ネコ科に属する ライオンの一 亜種で、 アフリカ北部( マグレブ。現在の エジプトから モロッコにかけて)に生息していた。別名アトラスライオン

記録された最大の個体は全長は4m以上(3.25mの頭胴長と75cmの尻尾)と現存のどの亜種よりも大型で、胸板が厚く、非常に黒いたてがみは長く伸びて胴にまで達していたと言われている。だが、飼育下の個体のサイズと比較したことにより、この記録の信憑性は問われている。全体的には、同じく最大亜種の一つと考えられている ケープライオン(絶滅種)と似通った特徴を持つ。彼ら同様のネコ科最大種の一つである カスピトラとは、分布こそ近接するものの棲み分けがなされていたものと思われる。他のライオンとは違い、山間の 森林を好んだ。古代古典上で見られる ガエトゥリライオンは、特徴がバーバリライオンに似た印象を持つ。

絶滅

Sultan the Barbary Lion, New York Zoo, 1897

古くから人間の活動が盛んであった 地中海周辺では、バーバリライオンの雄姿は見世物として重宝された。 カエサルは400頭、 ポンペイウスは600頭のバーバリライオンを戦勝パレード用に ローマに連れてきたという。競技場で 剣闘士と戦わせられたともいう。

ローマ帝国が衰亡した後も、人間の活動域の拡大に伴ってバーバリライオンの生息地は減っていった。そして近代にはいると、娯楽としての狩猟と 動物園用の捕獲がさらにバーバリライオンを追いつめた。 アルジェリアチュニジアからは 1891年に姿を消し、モロッコでは最後の野生個体が 1922年に射殺され 絶滅したというのが通説となっていた。

他の言語で
العربية: أسد بربري
azərbaycanca: Berber şiri
беларуская: Берберыйскі леў
čeština: Lev berberský
dansk: Atlasløve
Deutsch: Berberlöwe
English: Barbary lion
Esperanto: Berbera leono
فارسی: شیر بربری
føroyskt: Berbaraleyva
français: Lion de l'Atlas
hrvatski: Berberski lav
interlingua: Leon berbere
Bahasa Indonesia: Singa berber
한국어: 바버리사자
Bahasa Melayu: Singa Barbar
Nederlands: Berberleeuw
português: Leão-do-atlas
română: Leu berber
srpskohrvatski / српскохрватски: Berberski lav
Simple English: Barbary lion
slovenčina: Lev berberský
Türkçe: Nubiya aslanı
українська: Берберійський лев
Tiếng Việt: Sư tử Barbary
中文: 巴巴里獅