バラッド・オペラ

バラッド・オペラ: ballad opera)は、 18世紀に創始され、その後発展した イングランド 演劇の1ジャンルを指す言葉。バラッド・オペラにはいくつものタイプ(サブジャンル)が存在する。

初期のバラッド・オペラ

元々のバラッド・オペラは、陽気で、しばしば 風刺的な( 英語の)台詞から成っていて、話の流れが分断されるのを最小限に抑えるため、極力短く作られた歌(ほとんどは単一の短い スタンザリフレイン)が散りばめられていた。登場人物は下層階級に属し(多くは犯罪者)、当時のイタリア・オペラの高徳な価値観を宙ぶらりんに(あるいは逆転)することが一般的だった。

最初の、そして最も有名な(かつ現在でも定期的に唯一再演されている)バラッド・オペラは、 ジョン・ゲイ台本、 ヨハン・クリストフ・ペープシュ編曲の『 ベガーズ・オペラ(乞食オペラ)』( 1728年)である。二人が パリヴォードヴィル劇場で観劇し、その英語版の制作を図ったのか、あるいは トマス・ダーフィーの バーレスク音楽劇の影響を受けたのかも知れないとの推測もある。ダーフィーは原曲に新しい歌詞を乗せた パロディ音楽が知られていた。そのアンソロジー『 Wit and Mirth, or Pills to Purge Melancholy』は 1700年に出版され、その後も再版を重ねていた [1]。このアンソロジーの多くの曲が『ベガーズ・オペラ』で再利用されていた。

ゲイはさらにこのスタイルで『ベガーズ・オペラ』の続編『ポリー(Polly)』を作った。他には、 ヘンリー・フィールディングやコリー・シバー( Colley Cibber)らがバラッド・オペラで成功したが、それらは当局によって発禁になったのか、あるいは流行が短命に終わったのか、ほとんど現存していない。18世紀の中頃には既にバラッド・オペラの流行は衰退していた。

登場人物たちは下層階級だったが、観客の方は一般的に ロンドンのブルジョワたちだった。深刻なオペラ(当時は決まって イタリア語で歌われていた)への反発として、観客にとってバラッド・オペラは、台詞だけでなく、方法それ自体が風刺的だった。劇自体も当時の政治に言及していた。たとえば『ベガーズ・オペラ』の登場人物ピーチャム氏は、サー・ ロバート・ウォルポールの風刺だった。こうした風刺的要素は、バラッド・オペラの多くが検閲と上演禁止の危険を持っていたことを意味し、実際、ゲイの『ポリー』は上演禁止処分を受けている。

バラッド・オペラの曲はほとんどが既存の曲だった(現代の ジュークボックス・ミュージカルの手法にいくらか近い)。しかし、使われた曲は、 民謡ヘンリー・パーセルなど クラシック音楽作曲家の作った人気の エア、さらには 童謡と、多岐に及んだ。それらの曲の多くは、18世紀ロンドンの印刷された( broadsides or broadsheets) バラッドに曲をつけた流行のエアで、このことから「バラッド・オペラ」という言葉が生まれた。プリラヴ音楽(パロディ音楽)の寄せ集めは元々のバラッド・オペラとその後のバラッド・オペラを区別する良い試金石である。

The Disappointment』( 1762年)は、 アメリカ合衆国でのそうした試みの初期のものである。

他の言語で
čeština: Ballad opera
Deutsch: Ballad Opera
English: Ballad opera
français: Ballad opera
magyar: Ballad opera
italiano: Ballad opera
Nederlands: Ballade-opera
svenska: Balladopera
українська: Баладна опера