バハラーム4世

バハラーム4世
ペルシア君主
BahramIVOtherCoinHistoryofIran.jpg
在位 388年 - 399年
死去 399年
王朝 サーサーン朝
父親 シャープール3世?
宗教 ゾロアスター教
テンプレートを表示

バハラーム4世Bahram IV, ? - 399年)は、 サーサーン朝 ペルシア帝国の第12代君主( シャーハーン・シャー、在位: 388年 - 399年)。登極する前は ケルマーンの王であった。

概要

この時代のサーサーン朝は ローマ帝国同様、 フン族など 遊牧民の侵入に苦しんだことは分かっているが、詳細な記録に乏しく、はっきりしていない。ケルマーン地方には、 アルダシール1世が東方の スィスターン地方からの防衛拠点として築いた「ウェフ=アルダフシール」という要塞があった。バハラーム4世は遊牧民対策に功を挙げて推挙されたとも考えられるが、本来は君主位に近い人物ではなかった。少なくともあっさり君主となったとは考えにくい。

バハラーム4世は アルメニアへの干渉を強め、 クースロ王を幽閉、自分の兄弟であるバハラーム・シャープールを王位に就けた。ローマ皇帝 テオドシウス1世384年の平和条約を盾に援助要請を退け、干渉はしなかった。

399年、反逆者によってバハラーム4世は 暗殺された。

他の言語で
العربية: بهرام الرابع
български: Бахрам IV
català: Bahram IV
čeština: Bahrám IV.
Deutsch: Bahram IV.
English: Bahram IV
español: Bahram IV
français: Vahram IV
hrvatski: Bahram IV.
italiano: Bahram IV
한국어: 바흐람 4세
Nederlands: Bahram IV
português: Vararanes IV
русский: Бахрам IV
srpskohrvatski / српскохрватски: Bahram IV
slovenčina: Báhrám IV.
svenska: Bahram IV
Türkçe: IV. Behram
українська: Бахрам IV
Bân-lâm-gú: Bahram 4-sè