バナナ共和国

バナナ共和国(バナナきょうわこく、英語:Banana republic)とは、 バナナなどの 第一次産品の輸出に頼り、主に アメリカ合衆国などの 外国資本によってコントロールされる政情不安定な小国を指す 政治学上の 用語

特に、大多数の貧困労働者層と政治・経済・軍部を包括する少数の支配者層という社会の階層化による格差を拡大させる [1]。この政治経済学的な 寡頭政治体制はその国の 第一次産業を支配するため、その国の経済を 搾取することになると指摘される [2]

概要

主に 中南米の小国に対して使われることが多いが、広義には同様の状況にある他地域の国家に対して使うこともある。侮蔑的な色合いが濃い。典型的な国としては、 ホンジュラスグアテマラパナマなど。

他の言語で
azərbaycanca: Banan respublikası
Ελληνικά: Μπανανία
Esperanto: Bananrespubliko
hrvatski: Banana-država
Bahasa Indonesia: Republik pisang
íslenska: Bananalýðveldi
македонски: Банана-држава
Nederlands: Bananenrepubliek
norsk nynorsk: Bananrepublikk
srpskohrvatski / српскохрватски: Banana republika
Simple English: Banana republic
slovenščina: Bananska republika
српски / srpski: Банана држава
svenska: Bananrepublik
Türkçe: Muz cumhuriyeti
татарча/tatarça: Банан республикасы
Tiếng Việt: Cộng hòa chuối