バッファロー・ビル

バッファロー・ビルとシッティング・ブル

バッファロー・ビルBuffalo Bill, 1846年 2月26日 - 1917年 1月10日)は、 アメリカ 西部開拓時代ガンマン、興行主。本名はウィリアム・フレデリック・コディー(William Frederick Cody)。1872年に 名誉勲章を受章した。

生涯

「野生の西部ショー」のポスター(1900年)

1846年 2月26日 アイオワ準州(のちの アイオワ州)の ルクレール市近くの丸太小屋の農場にて生まれる。彼には故人の兄のサミュエルがいて5人の姉妹であるマーサ、ジュリア、イライザ、ヘレン、メアリーがいた。さらに妹のケイティと弟のチャールズもいる。両親、父アイザック・コーディと母メアリー・コーディは 1840年オハイオ州 シンシナティからアイオワ準州に家族と共に移住していた。 1853年に兄のサミュエルが死んだ後、彼と家族はアイオワ準州から カンザス州に移住し、幼時から馬や銃の扱いに長けていたといい、まだ15歳だった1861年に ポニー・エクスプレスの御者として雇われている。雇われた当時のOverland Stage Companyの部長は ジャック・スレードだった。 1859年 コロラド州で金鉱開発などにも携わった。西部の情報通であったことから軍と深い交流があり、斥候を務めるなどしてまた シェリダン将軍の インディアン討伐にも協力した。 [1] 1866年にルイザ・フリードリヒと結婚し、同年に娘のアルタが生まれる。 1867年バッファロー・ハンターとして鉄道建設労働者に食糧を供給した。“バッファロー”の渾名(あだな)はここに由来するとも、或いはバッファロー狩りのコンテストで二位を引き離して大勝したためとも言われる。「コディー」は、「ダコタ生まれ」の意味。

1868年南北戦争中は アメリカ陸軍のスカウトとして勤め、北軍に雇われた ワイルド・ビル・ヒコックの部隊を救出するなど活躍を見せる。

1869年には ダイム・ノベルの作家であった ネッド・バントラインが彼の半生を小説にしたことで、ビルの名は広く知られるようになる。 1870年にネブラスカ州で息子のキット・カーソンが生まれる。

1875年には ニューヨーク州 ロチェスターに一時期家族と暮らした。

1875年に彼は ネブラスカ州で土地に投資し、リバーランチを確立し、翌年には公人としてインディアンの権利のために外に向かって話し始めた。 1822年7月4日にはネブラスカ州 ノースプラットで『オールド・グローリー・ブロー・アウト』を開催する。1883年に娘イルマ・ルイーズが生まれるが1年にも満たない内にすぐに亡くなっている。1886年にネブラスカ州 ノースプラットでスカウトレスト牧場を構築し、翌年にネブラスカ州の国家警備隊の大佐に任命される。

1894年に彼は 女性参政権と保護問題の為に意見を述べ主張する。

1896年から ワイオミング州で投資家を集め町(現在の コーディ市)造りの開拓に没頭した。 1899年にはコーディ市の新聞会社コーディ・エクスプレスを設立し、 1900年ビッグホーン盆地の土地を灌漑などのプロジェクトの為、巨額を費やして開発を行う。 1905年から彼が取り掛かっていたバッファロー・ビル・ダムの ダム開発は 1910年に完成する。

1902年に妻ルイザ・フリードリヒが死ぬ。同年に彼は鉱山会社を設立し、 アリゾナ州 オラクルの鉱山で、多額の投資を開始する。

1880年ころから拳銃捌き・駅馬車襲撃などを実演してショー化した『 ワイルド・ウェスト・ショー英語版』を立ち上げ、米国内や ヨーロッパを巡業した。往年のガンマンや無法者、そして スー族 インディアンシッティング・ブル本人などが参加したため人気を集め、興行は大成功した。生まれ故郷のアイオワ州でも何度もワイルド・ウェスト・ショーの興行を開催したが、 1913年アイオワ州 ダベンポートでの開催を最後にする。

コロラド州ゴールデンにあるバッファロー・ビルの墓

1917年に死去するとその遺体は、西部を愛したバッファロー・ビルの遺言に従って、 ロッキー山脈の麓、 デンバー西郊の ゴールデンに埋葬された。現在デンバーには彼を記念した「バッファロー・ビル・ミュージアム」がある。

NFLAFC東地区のチーム、 バッファロー・ビルズにその名を残す。

ワイオミング州にある町、 コーディは彼が作った町である為、名は彼の本名コーディの名に因んでおり、バッファロー・ビルの銅像や博物館などもある(因みに ネブラスカ州フロリダ州にも同名の町が存在するが、彼の名との関係は無い)。ネブラスカ州 ノースプラットにも彼の博物館や、彼が住んでいた自宅や牧場などがある。 コロラド州 デンバーには彼の博物館があり、墓所も存在する。

他の言語で
Afrikaans: Buffalo Bill
aragonés: Buffalo Bill
العربية: بوفالو بيل
asturianu: Buffalo Bill
български: Бъфало Бил
bosanski: Buffalo Bill
català: Buffalo Bill
čeština: Buffalo Bill
Cymraeg: Buffalo Bill
Deutsch: Buffalo Bill
English: Buffalo Bill
Esperanto: Buffalo Bill
español: Buffalo Bill
euskara: Buffalo Bill
français: Buffalo Bill
galego: Buffalo Bill
עברית: באפלו ביל
hrvatski: Buffalo Bill
magyar: Buffalo Bill
italiano: Buffalo Bill
ქართული: ბუფალო ბილი
한국어: 버펄로 빌
Lëtzebuergesch: Buffalo Bill
latviešu: Bizonu Bils
Nederlands: Buffalo Bill
polski: Buffalo Bill
português: Buffalo Bill
русский: Буффало Билл
Simple English: Buffalo Bill
slovenčina: Buffalo Bill
slovenščina: Buffalo Bill
српски / srpski: Буфало Бил
svenska: Buffalo Bill
Türkçe: Buffalo Bill
中文: 水牛比爾