バイユーのタペストリー

バイユーのタペストリーに描かれたイングランドハロルド2世

バイユーのタペストリーフランス語Tapisserie de Bayeux)は、1066年ノルマン・コンクエストノルマンディー公イングランドウィリアム1世によるイングランド征服)の物語の刺繍画である。長辺約70m(現存63.6m)、短辺約0.5mの亜麻リネン)製の布に、毛糸で刺繍が施されており、ヘイスティングズの戦いのくだりまでが現存している。11世紀フランスとイングランドにかかわる歴史的遺物であり、また当時の服装や武器、軍船、戦闘方法などを伝える貴重な史料でもある。

フランス、ノルマンディー地方の都市バイユーにあるバイユー大聖堂に長く保管されていたが、近代の戦火による混乱の中を転々とした後、旧に復され、現在ではバイユー・タペストリー美術館 (Musée de la Tapisserie de Bayeux[1]) に保管・展示されている。

作品の技法

刺繍画の細部
ヘイスティングズの戦いにおけるハロルド2世の戦死。
タペストリー終盤の一場面。このうちのどの戦士がハロルド2世であるかは同定されておらず、本作の謎の一つに数えられている。

タペストリーと称されるが、実際には織物ではなく刺繍作品である。亜麻の布地に、青、茜、黄色など自然素材で染色された毛糸が使用されている。刺繍技法としては、線を描くアウトライン・ステッチを基本に、バイユー・ステッチ(point de Bayeux)と呼ばれる、輪郭の内側を糸で密に埋めていく手法が用いられている。

他の言語で
Afrikaans: Tapyt van Bayeux
አማርኛ: የባዬ ስጋጃ
Ænglisc: Baius tæpped
العربية: نسيج بايو
беларуская: Дыван з Баё
беларуская (тарашкевіца)‎: Дыван з Баё
български: Гоблен от Байо
español: Tapiz de Bayeux
Bahasa Indonesia: Tapestri Bayeux
íslenska: Bayeux-refillinn
Basa Jawa: Dèwangga Bayeux
Lëtzebuergesch: Tapisserie vu Bayeux
lumbaart: Aras de Bayeux
lietuvių: Bajė gobelenas
Bahasa Melayu: Dewangga Bayeux
Nederlands: Tapijt van Bayeux
norsk nynorsk: Bayeuxteppet
srpskohrvatski / српскохрватски: Tapiserija iz Bayeuxa
Simple English: Bayeux Tapestry
slovenščina: Tapiserija iz Bayeuxa
svenska: Bayeuxtapeten
українська: Гобелен з Байо
中文: 贝叶挂毯