ハーバート・ジョージ・ウェルズ

H・G・ウェルズ
H. G. Wells
Herbert George Wells in 1943.jpg
1943年に撮影されたウェルズ
誕生1866年9月21日
ケント州 ブロムリー
死没(1946-08-13) 1946年8月13日(79歳没)
ロンドン
職業作家
国籍イギリスの旗 イギリス
主題小説随筆ノンフィクション
文学活動国際ペンクラブ2代目会長(在任1933年1936年
代表作タイム・マシン
宇宙戦争
透明人間
子供ジョージ・フィリップ・ウェルズ
公式サイトH.G.ウェルズ協会 (The H.G. Wells Society)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ハーバート・ジョージ・ウェルズHerbert George Wells, 1866年9月21日 - 1946年8月13日)は、イギリスの著作家。小説家としてはジュール・ヴェルヌとともに「SFの父」と呼ばれる。社会活動家や歴史家としても多くの業績を遺した。H・G・ウエルズH.G.ウェルズ等の表記がある。

生涯

作家以前

イングランドケント州ブロムリー(現在のブロムリー・ロンドン特別区)の商人の家に生まれる。父ジョゼフ・ウェルズは園丁クリケット選手としても働き、母サラ・ニールはメイドだった。家庭は下層中流階級に属しており、ウェルズは父の負傷後には母が働いていたアップパーク邸に寄食する。ウェルズはこの館でプラトンの『国家』、トマス・ペインの『人間の権利』、ジョナサン・スウィフトなどを読んだ。この頃、呉服商や薬局の徒弟奉公、見習い教師などを経験するがいずれも続かなかった。当時の体験は、のちに『キップス』、『トーノ・バンゲイ』などの小説に生かされている。

奨学金でサウス・ケンジントンの科学師範学校(Normal School of Science、現インペリアル・カレッジ)に入学。トマス・ヘンリー・ハクスリーの下で生物学を学び、進化論には生涯を通じて影響を受けることになる。学生誌『サイエンス・スクールズ・ジャーナル』に寄稿し、1888年4-6月号に掲載された『時の探検家たち』は、のちの『タイム・マシン』の原型となる。1891年には、四次元の世界について述べた論文『単一性の再発見』が『フォート・ナイトリ・レヴュー』に掲載された。

作家活動

ウェルズは教員をめざすが、教育界の保守的な体質と病気が原因で道を閉ざされ、文筆活動へ進む。やがてジャーナリストとなり、『ベル・メル・ガゼット』や『ネイチャー』に寄稿する。1890年代から1900年代初頭にかけて、『タイム・マシン』(1895年)をはじめ、『モロー博士の島』(1896年)、『透明人間』(1897年)、『宇宙戦争』(1898年)など現在でも有名な作品を発表する。これら初期の作品には、科学知識に裏打ちされた空想小説が多く、ウェルズ自身は「科学ロマンス」と呼んだ。

1900年、ケント州のサンドゲイトに邸宅を購入し、執筆活動と文士との交際を行なう。未来について考察した『予想』の発表などが転機となり、文明批評色の濃い作品や風俗小説を発表するようになる。やがて社会主義に傾倒し、1902年にはジョージ・バーナード・ショーの紹介で社会主義団体であるフェビアン協会に参加。その後も人類への憂慮を背景にした作品を発表し続け、第一次世界大戦の前に原爆を予見した『 解放された世界英語版』を発表。終戦後に出された歴史書『世界史大系』は幅広く読まれた。

社会活動

第一次大戦後、戦争を根絶するために国際連盟の樹立を提唱し、ワシントン会議に出席。『新世界秩序』では、全ての国家に人権の遵守と軍備の非合法化を訴えた。また、母性保護基金、糖尿病患者協会、新百科全書、人権宣言などの運動を行なった(後述)。政治家との交流としては、ウッドロウ・ウィルソンへの直談判、ウラジーミル・レーニンフランクリン・ルーズベルトヨシフ・スターリンとの会見などを行なった。

私生活

1891年に最初の結婚をし、1895年に教え子だったアミー・キャサリン・ロビンズと再婚。アミー・キャサリンとの間に長男ジョージ・フィリップ、次男フランク・リチャードが生まれた。ウェルズは女性遍歴で知られ、ときに非難を受けた。交際相手としては、産児制限活動家のマーガレット・サンガー、小説家のエリザベス・フォン・アーニム、フェビアン協会のメンバーアンバー・リーヴス、作家のレベッカ・ウェスト、オデット・カーン、マリア・ブドゥベルグらが知られている。またチャールズ・チャップリンとは懇意にしており、自作『来るべき世界』の映画化においては助言を求めた。

晩年、死後

教員を目指していた頃に肺をわずらった他、生涯を通して糖尿病、腎臓病、神経炎などさまざまな疾患と戦い、ロンドンの自宅にて肝臓ガンにより逝去。フォレスト・J・アッカーマンによれば、晩年のウェルズは、自作の題名を部屋につけており、アッカーマンは「海の貴婦人」の間でウェルズと会見をした[1]

死後、1960年にH.G.ウェルズ協会が設立された。その後に再評価がすすみ、1986年にはパトリック・パリンダーの主導によりウェルズ国際シンポジウムが実現。『モロー博士の島』や『宇宙戦争』の詳細な注釈書も出版された。『タイム・マシン』をはじめとしてウェルズの作品は幾度も映像化されている(#外部リンク参照)。日本においては、 日本ウェルズ協会が1974年に設立。会長は今西錦司だった。

他の言語で
aragonés: H.G. Wells
Ænglisc: H. G. Wells
Aymar aru: H. G. Wells
azərbaycanca: Herbert Uells
تۆرکجه: اچ. جی. ولز
беларуская: Герберт Уэлс
беларуская (тарашкевіца)‎: Гэрбэрт Ўэлз
български: Хърбърт Уелс
brezhoneg: H. G. Wells
català: H.G. Wells
Cymraeg: H. G. Wells
dansk: H.G. Wells
Deutsch: H. G. Wells
Ελληνικά: Χ. Τζ. Γουέλς
English: H. G. Wells
Esperanto: Herbert Wells
español: H. G. Wells
فارسی: اچ. جی. ولز
français: H. G. Wells
Frysk: H.G. Wells
Gaeilge: H. G. Wells
galego: H.G. Wells
magyar: H. G. Wells
Bahasa Indonesia: Herbert George Wells
íslenska: H. G. Wells
italiano: H. G. Wells
한국어: H. G. 웰스
kurdî: H. G. Wells
Lëtzebuergesch: H. G. Wells
Lingua Franca Nova: H. G. Wells
latviešu: Herberts Velss
Malagasy: H. G. Wells
македонски: Херберт Џорџ Велс
Mirandés: H. G. Wells
नेपाल भाषा: एच जी वेल्स्
norsk: H.G. Wells
occitan: H. G. Wells
پنجابی: ایچ جی ویلز
português: H. G. Wells
Runa Simi: H.G. Wells
română: H. G. Wells
саха тыла: Герберт Уэльс
srpskohrvatski / српскохрватски: H. G. Wells
Simple English: H. G. Wells
slovenščina: Herbert George Wells
српски / srpski: Херберт Џорџ Велс
svenska: H.G. Wells
Tagalog: H. G. Wells
Türkçe: H. G. Wells
татарча/tatarça: Һерберт Уэллс
українська: Герберт Уеллс
oʻzbekcha/ўзбекча: Herbert Wells
Tiếng Việt: H. G. Wells
Winaray: H. G. Wells
Bân-lâm-gú: H. G. Wells