ハンス・ファイヒンガー

ハンス・ファイヒンガー
生誕 1852年9月25日
ネーレン
死没 (1933-12-18) 1933年 12月18日(81歳没)
ザクソン・ハレ
時代 20世紀哲学
地域 西洋哲学
学派 新カント主義
虚構主義
研究分野 認識論
主な概念 虚構主義, 道具主義, 唯名論
テンプレートを表示

ハンス・ファイヒンガーHans Vaihinger, ドイツ語:  [hans ˈfaɪɪŋɐ]; [1] 1852年 9月25日 - 1933年 12月18日)は、 ドイツ哲学者カント研究者として、また『かのようにの哲学(Die Philosophie des Als Ob)』の著者として知られる。同著は1911年に出版されたが、それよりも30年以上前にすでに執筆は完了していた [2] [3]

略歴

ファイヒンガーはドイツの テュービンゲン付近の町、 ヴュルテンベルクのネーレンに生まれ、「非常に宗教的な雰囲気」と本人が語る環境で育った。 テュービンゲン大学(テュービンゲン・シュティフトという寄宿寮に滞在)、 ライプツィヒ大学ベルリン大学で学ぶ。その後、 ストラスブール大学でチューター、そして哲学教授に就任し、1884年に ハレ大学に移籍、同大学では1892年に正教授に昇進した。

他の言語で
العربية: هانس فاينجر
español: Hans Vaihinger
français: Hans Vaihinger
italiano: Hans Vaihinger
português: Hans Vaihinger
slovenčina: Hans Vaihinger
українська: Ганс Файхінгер