ハロゲンランプ

電灯 > 電球 > ハロゲンランプ
ハロゲンランプ(自動車用のフォグランプとして使用される)
対光反射、咽頭の観察などに使う医療用ハロゲンペンライト
ハロゲンランプのパワーと波長の関係。左側に可視光スペクトルを示す。

ハロゲンランプ英語:halogen lamp)は電球の一種。「ハロゲンバルブ」ともいう。電球内部に封入する窒素アルゴン等の不活性ガスに、ハロゲンガス(主にヨウ素臭素などが用いられる)を微量導入する。不活性ガスのみを封入する通常の白熱電球よりも明るい。店舗のダウンライトや自動車等の前照灯(ヘッドライト・フォグランプ)、ハンドライトなどに用いられる。用途によって、片口金形、ミラー付、両口金形などの種類がある。

原理

ハロゲンランプが光る原理は白熱電球と同じで、内部のフィラメントに通電し、これを白熱させた際の発光を利用する。一般の白熱電球より明るくなるのは、フィラメントが白熱する際の温度が高いためである。通常の白熱電球の場合に比べ、後述の理由によりフィラメントの温度を高く設定しても実用的な寿命を得られる。白熱電球の場合は、フィラメントの温度が2500℃ - 2650℃程度であるが、ハロゲンランプでは2700℃以上と高く、その分だけ明るくなる。白熱電球の光が赤みを帯びているのに対してハロゲンランプが白いのは、フィラメントの温度の差によるものである。

他の言語で
беларуская: Галагенавая лямпа
Cymraeg: Golau halogen
English: Halogen lamp
Bahasa Indonesia: Lampu halogen
italiano: Lampada alogena
Nederlands: Halogeenlamp
srpskohrvatski / српскохрватски: Halogena sijalica
српски / srpski: Халогена сијалица
svenska: Halogenlampa
Türkçe: Halojen lamba
українська: Галогенова лампа
Tiếng Việt: Đèn halogen
中文: 卤素灯泡
粵語: 石英燈