ハウルの動く城

ハウルの動く城
Howl's Moving Castle
Hauru no Ugoku Shiro.gif
監督宮崎駿
脚本宮崎駿
原作ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
魔法使いハウルと火の悪魔
製作鈴木敏夫
出演者倍賞千恵子
木村拓哉
神木隆之介
美輪明宏
我修院達也
大泉洋
大塚明夫
原田大二郎
加藤治子
音楽久石譲
主題歌倍賞千恵子「世界の約束
撮影奥井敦
編集瀬山武司
制作会社スタジオジブリ
製作会社「ハウルの動く城」製作委員会
配給日本の旗 東宝
アメリカ合衆国の旗 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開日本の旗 2004年11月20日
アメリカ合衆国の旗 2005年6月10日
上映時間119分
製作国日本の旗 日本
言語日本語
英語
フランス語
製作費24億円
興行収入196億円
テンプレートを表示

ハウルの動く城』(ハウルのうごくしろ)は、スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション映画。監督は宮崎駿

日比谷スカラ座(現:TOHOシネマズ日比谷 SCREEN12)を筆頭に[1]東宝系で2004年11月20日に公開された。

イギリス作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズファンタジー小説魔法使いハウルと火の悪魔』(原題:Howl's Moving Castle)を原作とし、呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの奇妙な共同生活が、宮崎監督により「戦火の恋」を柱として脚色され描かれている[2]

物語前半は比較的原作に準じているが、後半は原作には無かった戦争が付け加えられるなど全く違った展開になっている。原作者のジョーンズは「ハウルの性格を変えないように」とだけ注文をつけ、映画の感想を「とても素晴らしかった」「宮崎は私が執筆したときと同じ精神で映画を作った」と語っている[3]。スタジオジブリの宮崎駿監督の長編映画としては『魔女の宅急便』以来、15年振りとなる他者原作の作品となった[4]。また、ヒロイン役を演じた声優が主題歌の歌唱を兼任したのは『紅の豚』でヒロインの1人であるジーナ役を担当した加藤登紀子以来である。

他の言語で
Bahasa Indonesia: Howl's Moving Castle (film)
latviešu: Ceļojošā pils
norsk nynorsk: Det levende slottet
srpskohrvatski / српскохрватски: Howl's Moving Castle (film)
српски / srpski: Покретни дворац
Türkçe: Yürüyen Şato
vepsän kel’: Haulan kävui zamk