ノーメンクラトゥーラ

ノーメンクラトゥーラロシア語: номенклату́ра モスクワ方言: ナメンクラトゥーラ)とは、ソビエト連邦における指導者選出のための人事制度を指す言葉[1]。また転じて社会主義国におけるエリート層・支配的階級や、それを構成する人々を指す言葉としても用いられた。後者の場合は「赤い貴族」、「ダーチャ族」[2]とも呼ばれる。

語源

この言葉は本来、ラテン語の「nomenclatura名簿)」から来ている。これは各級党機関が役職につける人物の承認や罷免のために用いた一覧表を指す言葉であったが、やがてその一覧表を用いた制度や、承認された人物やその縁者を指す言葉として用いられるようになった。

他の言語で