ノースロップ・グラマン

ノースロップ・グラマン
Northrop Grumman Corporation
Northrop Grumman.svg
種類公開会社
市場情報
S&P 500 Component
NOC
略称ノースロップ・グラマン
本社所在地アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州ウェストフォールズチャーチ
設立1927年 (1994年にグラマンと合併し現在に至る)
業種輸送機器軍事
事業内容軍用機
航空母艦
人工衛星
ミサイル防衛システム
情報技術システムなどの開発と製造
代表者ウェスリー・G・ブッシュ(Wesley G. Bush、CEO
ジェームス・F・パルマー(James F. Palmer CFO)
資本金9,514 Million US$(2012年12月31日時点)[1]
売上高連結:25,218 Million US$(2012年12月期)[2]
営業利益連結:3,130 Million US$(2012年12月期)[3]
純利益連結:1,978 Million US$(2012年12月期)[4]
総資産連結:26,543 Million US$(2012年12月末時点)[5]
従業員数68,100人(2012年12月末時点)[6]
決算期12月末日
外部リンクNorthropGrumman.com
テンプレートを表示

ノースロップ・グラマンNorthrop Grumman CorporationNOC )は、アメリカ合衆国バージニア州フェアファックス郡ウェストフォールズチャーチに本社を置く企業。1994年にノースロップグラマンを買収して誕生した。主に戦闘機・軍用輸送機・人工衛星ミサイル軍艦などを製造している軍需メーカーである。軍需産業としてはロッキード・マーティンBAEシステムズボーイングに次いで世界で4位[7]に位置しており、軍艦メーカーとしては最大である。

また船舶用電子機器事業の強化を目的に買収したスペリーマリン(Sperry Marine)部門は1997年にスペリーマリン、デッカ(Decca)およびC.プラース(C.Plath)の3ブランドを統合して設立。一般船舶用および海軍向けのナビゲーション、通信、情報および自動化の機器およびシステムを提供する。

歴史

1994年に、アメリカの大手軍事企業のノースロップとグラマンが合併しノースロップ・グラマンが誕生した。

合併直後にノースロップ・グラマンは、ウェスティングハウス・エレクトリックの防衛部門や軍事レーダー企業や ロジコンなどの軍事企業を次々に買収。また長年に渡りライバルのロッキード・マーティンとの合併交渉を行ってきたが、1998年に合併交渉を中止する。これには新機種開発の事情や、アメリカ国防技術の衰えを恐れたアメリカ議会からの未承認などの理由がある。

1996年ウェスティングハウス・エレクトリックの防衛産業部門のウェスティングハウス・エレクトロニック・システムズを30億ドルで買収した。同部門はノースロップ・グラマン・エレクトロニック・システムとなった。

2000年からはエレクトリック分野の企業やリットン・インダストリ社を買収し、インガルス造船所エイボンデール造船所の双方を傘下に置く。翌年の2001年にはニューポート・ニューズ・シップビルディング・ドライ&ドッグ社と合併。米国最大の造船企業となる。しかしその後、2011年にアメリカ海軍艦建造から手を引き、造船部門を分離してハンティントン・インガルス・インダストリーズ(Huntington Ingalls Industries、略称 HII)として独立させるとともに、その株主となった。

その後はしばらく、新型機の採用や量産計画などはなかったが、KC-X (次期空中給油輸送機計画)でEADSと組み、エアバスが開発したエアバス A330 MRTTをベースにした機体を提案し、ボーイング社提案のKC-767ベース案と争った。2008年2月29日にアメリカ空軍はノースロップ・EADS案を採用。KC-45という機体名で179機生産する予定でいた。しかし同年6月に米会計検査院(GAO)からこの決定に対して見直し勧告が行なわれたため、KC-Xの選定作業は振り出しに戻った。その後2011年2月24日に再選定により国防総省はボーイング社案を採用(KC-46と命名)したため、KC-45は不採用となった。

他の言語で