ネバーエンディング・ストーリー

ネバーエンディング・ストーリー』(Die unendliche Geschichte / The Neverending Story)は、 映画及び テレビドラマのタイトルである。

原作は ミヒャエル・エンデの『 はてしない物語』だが、オリジナルの話とは終わり方が異なっている。

ネバーエンディング・ストーリー

原題は「Die unendliche Geschichte」 。 1984年西ドイツアメリカで制作・公開された映画。日本では 1985年 3月16日に公開された。制作費2700万ドル。当初 ディズニーに資金のバックアップを求めていたが交渉が決裂し、結果的に提携相手が ワーナーとなる。ワーナーは監督の変更を希望するなどテコ入れ要望が多く、映画のヒットと原作改変の両面に大きく影響を残した。

音楽監督のロバート・ハザウェイは、アトレーユ役のノア・ハザウェイの父親。日本公開時でのキャッチコピーは「さぁ、オメガファンタジーの旅へ!」「M・エンデの世界的ベストセラーを映像化、ファンタジックSFX超大作!」。日本での配給収入は22億円 [1]

ストーリー

主人公、バスチアンはいじめられっ子で、母を亡くしてからは父親と2人だけの寂しい生活を送っていた。そんなある日、いじめっ子から逃げるために飛び込んだコレアンダー書店で彼は不思議な本「ネバーエンディング・ストーリー」と出会う。本を読むと物語の主人公になれる、本の世界で龍に乗れる、だから本が好きだと力説する彼に書店の主は「だが、それらの本は読み終われば現実に戻される。この本は危険だ。」と止めるが、どうしても読んでみたいバスチアンはこっそりとその本を盗んでしまった。

学校をサボって本を読み始めたバスチアンはネバーエンディング・ストーリーの世界に浸り始める。内容は、無(※字幕に基づく/The Nothing)による崩壊の危機に瀕した不思議な異世界、「ファンタージェン」を救うため、草原の勇者アトレイユが旅立つ。アトレイユには、お守りとして「アウリン」が授けられる。このメダルの形をした「アウリン」には、不思議な力が宿る、とされ、勇者アトレイユを真の道へと導いていく。本の中の壮大な「ファンタージェン」を舞台にし、主人公とともに冒険を味わい、物語に胸躍らせるバスチアンだが物語が進むに行くにつれ、ついにくるべき結末がやってくる。ファンタ-ジェンの圧倒的な「無」による強大な世界の崩壊、破壊はとどまるところを知らず、すべてを破壊し飲み込んでいく。バスチアン自身も驚く思わぬ結末を迎えることに・・・・・。そしてそれを救うのはアトレイユでも王女でもなく、意外な人物であった。

2つ存在する映画

西ドイツ公開版には主題歌がない。 北米日本公開版では、 ワーナー・ブラザースの意向により ジョルジオ・モロダーの楽曲へ変更され、 イギリスロックバンド カジャ・グーグーの元ボーカリスト リマールの歌う主題歌が追加された。これらは作品ヒットに貢献したが、細かいシーン編集によって尺長は西ドイツ版より6分40秒短くなっている [2]

原作者との確執

原作者 ミヒャエル・エンデとの裁判騒動の発端は、契約書の見落としが原因だったと言われている。エンデの当初の要望は、 ドイツ人の俳優を起用してヨーロッパで撮影することと、作品に登場する竜「ファルコン」を 中国の伝説の龍にする、ということだった。しかし契約時の不手際により、要望は実現されず、エンデは原作者でありながら撮影に立ち会うことができなかった。

決裂を決定的とする上で致命的だったのは、映画のラストシーンが、エンデの意図とは正反対であることである。映画の主人公バスチアンは、本の世界「ファンタージェン」の力を借りて、現実世界のいじめっ子に仕返しをする。エンデはこれについて真剣に腹を立て「このシーンをカットして欲しい」と告訴に踏み切る事となった。裁判の結果は、エンデの敗訴となり、「 ミヒャエル・エンデ」の名前をオープニングから外す事で、なんとか和解した。

後に ミヒャエル・エンデは、「ファンタージェンを破壊するために悪の人狼が脚本を書き、映画にした」「原作の前半だけを映画にしても意味がない」などと多くの批判を残すことになった。ただし、第2章公開の際には「あの映画をきっかけに原作を買ってくれたお客さんも多かったし、原作を読んでもらえるなら宣伝映画として苦痛も和らいだ」と多少評価を持ち直した。完全にオリジナルストーリーである続編2・3についてはバスチアンが夢に頼らないため苦言を呈していない。一連の顛末は絶版のエンデ関連本で数多く語られているが、ネバーエンディングストーリー第2章の映画パンフレットのインタビューだけを読んでも、順序だてて原作者が経緯を説明しているため大体は把握可能となっている。

日本についての逸話

原作者の ミヒャエル・エンデが、登場人物である「幼ごころの君」に 日本人を起用し、その衣装として 和服を希望していたことや、監督に 黒澤明の起用を要望していたという逸話は、エンデが晩年に日本人の佐藤真理子と結婚したことに類推した宣伝であって、真実ではない。 [3]

スタッフ

公式タイアップソング: 羽賀研二

キャスト

1作目のVHS/DVD日本語吹替え版は主人公の排他的なセリフが穏やかに改変されており、受け手の印象を大きく変える意訳になっている。2作目以降は翻訳が プロセンスタジオに変わったためスラングも字幕版同様に忠実に訳されるようになった。

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日版
バスチアン バレット・オリバー 浪川大輔
アトレーユ ノア・ハザウェイ 戸田恵子 佐々木優子
幼ごころの君(女王) タミー・ストロナッハ 荘真由美 玉川紗己子
ファルコン アラン・オッペンハイマー 石田太郎 黒沢良
グモルク 石田弦太郎
ロックバイター 飯塚昭三 大平透
カール・コンラート・コリアンダー トーマス・ヒル 阪脩 藤本譲
ティーニー・ウィーニー ディープ・ロイ 小島敏彦 千田光男
ナイト・ホブ ティロ・プラックナー 田の中勇
カイロン モーゼス・ガン 吉水慶 千葉耕市
エンギーウック シドニー・ブロムリー 上田敏也 槐柳二
ウルグル パトリシア・ヘイズ 鈴木れい子 京田尚子
バスチアンの父親 ジェラルド・マクレイニー 小島敏彦 阪脩
モーラ 片岡富枝 遠藤晴
お告げ所の声 駒塚由衣 此島愛子

このTV版の音源は、 DVD化されなかったが、2013年9月4日に、 ブルーレイ「ネバーエンディング・ストーリー エクステンデッド版」(Disc 1ではエクステンデッド版、Disc 2ではインターナショナル公開版)が発売された。そのため、ソフト版とテレビ朝日版によるダブル日本語吹き替え音声(Disc 2のみ)である。

サウンドトラック

その他

アトレイユ役のノア・ハザウェイは撮影中に2度死にかけた。沼のシーンでは実際に沼に飲まれ、呼吸が止まったという。もう1つは乗馬のシーンで落馬して馬に蹴られそうになったという。

他の言語で