ニューグレンジ

ニューグレンジ
ニューグレンジの位置(アイルランド内)
ニューグレンジ
ニューグレンジ
アイルランド内の位置

ニューグレンジ英語: Newgrangeアイルランド語: Sí an Bhrú)は、 アイルランドミース州ブルー・ナ・ボーニャ遺跡群にある 羨道墳の1つ。世界的にも有名な 先史時代の遺跡の1つであり、 アイルランド島で最も有名な 先史時代の遺跡である。1年で最も日が短い 冬至明け方太陽光が長い 羨道に真っ直ぐ入射し、部屋の床を短時間だけ照らすように建設されている [1]

歴史

本来のニューグレンジは、紀元前3100年から紀元前2900年の間に建設された [2]。つまり約5000年前のものである。 放射性炭素年代測定によれば [3]エジプトギザの大ピラミッドよりも500年ほど古く、 ストーンヘンジよりも約1000年先行している。

新石器時代には、ニューグレンジが何らかの儀式に使われ続けたと見られている。新たな記念碑として、中央の塚の南東の 環状木柱列や西の小さな環状木柱列が追加された。東の環状木柱列は穴が5重の同心円状に並んでいる。外側の穴の列には木柱も残っていた。次の列の穴は内側が粘土で覆われていて、動物の死骸を燃やすのに使われていた。さらに内側の3つの穴の列には動物の骨を埋めるのに使われていた。この環状木柱列からは、 ビーカー式土器や 燧石の破片が見つかっている。西の環状木柱列には 掘立柱の跡が二重の同心円状に並び、その直径は20メートルである。

塚の南側と西側の周辺に 粘土の同心円状の塚が建設され、それ以前にあった柱(一部、燃えた跡がある)と溝の2本の平行線から成る構造を覆っている。塚を取り巻くように、大きな石を環状に並べた構造が建設されている。入り口付近には17カ所で火を灯した跡がある。ニューグレンジのこのような構造は ブルー・ナ・ボーニャのいくつかの ヘンジ(Newgrange Site A、Newgrange Site O、Dowth Henge、Monknewtown Henge)と共通である。

発掘と復元

1905年に撮影されたニューグレンジの入り口部分

ニューグレンジとその秘密は塚が崩れたため、五千年近くにわたって土中に秘匿されていた。 1142年、この地は シトー派のメリフォント修道院の所有する農地の一部となった。この農地は 'granges' (「農場」の意)と呼ばれた。 1378年には 'the new grange' がそのまま地名となった。 1688年名誉革命の際にこの土地が没収され、チャールズ・キャンベルが新たな領主となった。 1699年夏、キャンベルの使用人たちが建材用の石を探していて遺跡を発見した。彼らが最初に発見したのは、入り口にあった彫刻が施された石である。間もなく彼らは洞窟と思われるものを発見したが、さらなる調査でそれが大きな部屋に通じる人工の長く狭い通路であることが判明した。使用人たちがキャンベルにその発見を知らせると、キャンベルは ウェールズの好古家で博物学者・言語学者のエドワード・ルイドに連絡した。ルイドが調査を行ったため、一般にルイドが発見者といわれるようになる。2体の人骨を発見したという「主張」により、この塚は墓だと確信されるようになった。この塚を墓とすることに最初に疑問を呈したのは、英国第10歩兵連隊所属の陸軍士官で測量技師の Charles Vallancey(アイルランド名 Cathal Uabhallansi)で、その著書 Collectanea de Rebus Hibernicus でのことだった。彼はこの巨石を使った塚が墓所というよりも天文学に関連した施設だと信じていたが、当時は嘲笑されるだけだった。1983年、マルチン・ブレナンは著書 The Stars and the Stones: Ancient Art and Astronomy in IrelandThames and Hudson, 1983. 1994年 The Stones of Time として再出版)で、この塚が墓所だという説がまやかしであることを詳細に論破した。

ユニバーシティ・カレッジ・コーク考古学科の Michael J. O'Kelly 教授の指揮で、1962年から1975年までニューグレンジの発掘と復元を実施した [4]。石と芝生で覆われた塚であり、97個の大きな縁石で囲まれ、そこに白い 珪岩花崗岩でできた内側にやや傾斜した高い壁がある。石の多くは周辺(半径20km以内)のものだが、正面の壁に使われている珪岩と花崗岩の産地はもっと遠く、おそらく ウィックローとダンドーク湾から運ばれたものと考えられている。

復元に際して、ほぼ垂直な 鉄筋コンクリートの壁を塚の入り口から両側に建設し、そこに石壁を形成する白い珪岩などを固定するようにした。このような復元方式は特に考古学界で論争を呼んだ。批判的な考古学者は、この塚が建設された当時、このような角度で石壁を固定する技術は存在しなかったと主張している。白い珪岩は塚の前に敷き詰められ、広場になっていたという説もある。 ノウスではそちらの説が採用され、復元に際して珪岩の石を塚の前に敷き詰めて広場を形成した。

他の言語で
العربية: نيوغرانغ
беларуская (тарашкевіца)‎: Шы-ан Вру
català: Newgrange
Cebuano: Newgrange
čeština: Newgrange
Cymraeg: Newgrange
dansk: Newgrange
Deutsch: Newgrange
English: Newgrange
Esperanto: Newgrange
español: Newgrange
euskara: Newgrange
فارسی: نیوگرنج
français: Newgrange
Gaeilge: Sí an Bhrú
galego: Newgrange
한국어: 뉴그레인지
lietuvių: Niugrendžas
Nederlands: Newgrange
norsk: Newgrange
polski: Newgrange
português: Newgrange
русский: Ньюгрейндж
srpskohrvatski / српскохрватски: Newgrange
Simple English: Newgrange
slovenčina: Newgrange
slovenščina: Newgrange
српски / srpski: Њугрејнџ (Ирска)
svenska: Newgrange
Türkçe: Newgrange
українська: Ньюгрейндж
Tiếng Việt: Newgrange
Winaray: Newgrange