ニュルブルクリンク24時間レース

ニュルブルク24時間レース
Nürburgring - Nordschleife.svg
開催地 ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ
スポンサー企業 チューリッヒ保険
初開催 1970年
耐久時間 24時間
最多勝利
(ドライバー)
ティモ・ベルンハルト (5)
ペドロ・ラミー
マルセル・ティーマン
最多勝利
(チーム)
Manthey Racing (5)
シュニッツァー・モータースポーツ
最多勝利
(マニファクチャー)
BMW (19)

ニュルブルクリンク24時間レース(ニュルブルクリンク24じかんレース、24 Hours Nürburgring)とは、 ドイツニュルブルクリンクで毎年開催される、 ADAC主催の 耐久レースのこと。24時間でどれだけ長い距離を走れるかを競う。毎年5月から6月の初夏に開催される。日本では「ニュル24時間レース」や「ニュル24耐」といった略称で知られている。


イベントの正式名称について、現在は大手 損害保険会社の チューリッヒ保険冠スポンサーとなっていることから「ADACチューリッヒ24時間レース」( ドイツ語: ADAC Zurich 24h Rennen)である。


概要

元々はADACが主催するローカルイベントだったが、第1回のレースが開催されるとたちまち人気が集まり、今ではヨーロッパ中に中継されるほどの人気ぶりである。

大きな特徴として、参加するチームが、ワークスやプライベーターを併せてきわめて多いという事が挙げられる。

その一例として、 2007年は合計228チームがレースに参加し、一つのピットを最大6チームでシェアする光景が見られ、スタートを3グループに分ける対応が行われ、第3グループが出走した直後に第一グループのトップコンテンダーのマシンが戻る場面もあった。

給油は台数の多さから様々なマシンが1台の給油機をシェアして給油する状態であり、給油ノズルの形状は普通の ガソリンスタンドに設置されているガンタイプになっている。SP9 GT3クラスのようなクイックチャージャー装備の車の場合でも、それに対応する給油機がないため、クイックチャージャーの差し込み口を持つ漏斗状のアタプターを用いる。

レースを主催するADAC Nordrhein e.V.は、日本の三浦健史を世界で唯一、大会公認コミッショナー/コーディネーターとして認定している [1]