ニヤーヤ学派

ニヤーヤ学派(ニヤーヤがくは、: Naiyāyika[1])はインド哲学の学派。六派哲学の1つに数えられる。ニヤーヤは理論(あるいは論理的考察)を意味[2]し、インド論理学として代表的なものであり、論理の追求による解脱を目指す。アクシャパーダ・ガウタマ(Akṣapāda Gautama)が著したとされる『ニヤーヤ・スートラ』を根本テキストとする。ガンゲージャによって著された『タットヴァ・チンターマニ』へと根本テキストが移ったものは「新ニヤーヤ」と呼ばれ区別される。

他の言語で
العربية: نيايا
azərbaycanca: Nyaya
български: Няя
भोजपुरी: न्याय
català: Nyaya
čeština: Njája
Deutsch: Nyaya
English: Nyaya
eesti: Njaaja
suomi: Nyaya
français: Nyâya
magyar: Njája
հայերեն: Նյայա
Bahasa Indonesia: Nyaya
italiano: Nyāya
한국어: 니야야 학파
Кыргызча: Ньяя
lietuvių: Njaja
नेपाल भाषा: न्याय
Nederlands: Nyaya
norsk: Nyaya
ਪੰਜਾਬੀ: ਨਿਆਏ
polski: Njaja
português: Nyaya
русский: Ньяя
संस्कृतम्: न्यायदर्शनम्
slovenčina: Njája
ไทย: นยายะ
українська: Ньяя
中文: 正理论