ニコライ・セミョーノフ

ニコライ・ニコラエヴィチ・セミョーノフ
Nikolay Semyonov Nobel.jpg
生誕Nikolay Nikolayevich Semyonov
1896年4月15日ユリウス暦 4月3日)
ロシア帝国サラトフ
死没1986年9月25日(1986-09-25)(90歳)
ソビエト連邦モスクワ
国籍ロシア
研究分野物理学者化学者
博士課程
指導教員
アブラム・ヨッフェ
主な業績連鎖反応
主な受賞歴ノーベル化学賞 (1956)
ロモノーソフ金メダル (1969)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1956年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:気相系の化学反応速度論(とくに連鎖反応)に関する研究

ニコライ・ニコラエヴィチ・セミョーノフロシア語: Николай Николаевич Семёнов, 1896年4月15日ユリウス暦3日〉 - 1986年9月25日)はソビエト連邦サラトフ出身の物理学者、化学者。1956年ノーベル化学賞を受賞。

生涯と経歴

1913年ペトログラード大学物理学部に入学する。アブラム・ヨッフェに師事し、1917年卒業。

1918年サマラに移住、ロシア内戦の勃発に伴い白軍兵士として従軍した。

1920年ペトログラードに戻り、物理技術研究所の電子現象研究室で研究を行い、後には副所長となった。1921年に文献学者のマリア・ボレシェ=リヴェロフスキーと結婚するも、そのわずか二年後に失う。1922年ピョートル・カピッツァと共に原子核磁場を測定する方法を発見した。後にその方法は改善されたものが今日ではシュテルン=ゲルラッハの実験として知られている。1923年、マリアの、ナタリア・ニコライヴナ・ブルツェヴァと再婚。彼女との間に、一男一女をもうける。

1925年ヤコブ・フレンケルと共同で結露動力学蒸気吸着についての研究を行った。1927年には気体イオン化に関する研究を行い「電子の化学」という本を出版した。1928年誘電体の温度破裂放電理論の研究を行う。

1928年、ペトログラードポリテクニカル研究所の教授職を得る。1931年ソ連科学アカデミーの化学物理研究所の設立に参加し、所長となった。1932年にはソ連科学アカデミーの会員となった。

化学反応に関する研究は1932年になってからである。燃焼における連鎖反応について様々な分析を行った。酸化プロセスにおける導入段階に関する現象を説明する縮退分岐反応理論を提唱した。それらの研究の結果をまとめた2冊の本を執筆した。

1934年にChemical Kinetics and Chain Reactions(化学的反応速度論と連鎖反応)が発表され、1935年に英文版を発行した。これらの反応速度論等の功績に対し、シリル・ヒンシュルウッドと共に1956年ノーベル化学賞が与えられた。

1959年にはポリアクリロニトリル放射線を照射することによってニコライ・セミョーノフ達によって報告され、真偽を巡り議論された[1][2][3][4]

他の言語で
Kreyòl ayisyen: Nikolay Semyonov
Bahasa Indonesia: Nikolay Semyonov
Nederlands: Nikolaj Semjonov
português: Nikolay Semyonov
Kiswahili: Nikolay Semyonov
oʻzbekcha/ўзбекча: Nikolay Semyonov
Bân-lâm-gú: Nikolay Semenov