ナンバープレート

日本のナンバープレート (登録車・自家用)

ナンバープレート英語: number plate)とは、自動車に取り付けられているプレートのことである。

ナンバープレートは普通、数字や文字、都市名などから成り立っていて、材質は世界中の大半でプラスチック製(金属製(例:日本)や、20世紀初頭には陶磁器製もあった)である。

たいていは、どこの国でも取り付けが義務づけられており、つけていない場合は罰金となることもある。ナンバープレートは、自動車の車種(大型、小型、業務用など)の見分けや、速度超過で逃走した自動車、不審者の乗用していた自動車などのナンバープレートを記録しておくことで、役に立つため、取り付けることが義務とされている。しかし、見づらくするために、ナンバープレートにカバーを付けたり、曲げる者もいる。またナンバープレートは、「どこの、誰が持っているかを表す番号」という性質を持つだけに個人情報のひとつと見る向きもある。テレビやインターネットなどで不特定多数に公開することを前提とする場合は、プライバシーの観点から自動車やバイクを被写体とした(あるいは映り込んだ)写真や動画などにモザイク処理等を施して判別できないようにしてから公開される場合も多い。

ほとんどの国では、ナンバープレートは政府や行政区画の機関などによって発行され、EUのナンバープレートのように、複数の国で統一されたナンバープレートや、アメリカ合衆国のように絵が描かれているナンバープレートなど、国によってデザインや大きさが異なる。

ナンバープレートの呼び方は、もとは"number plate"からきている。アメリカやカナダでは、"license plate"(ライセンスプレート)などと呼ばれる。

歴史

ナンバープレートにも長い歴史がある。ナンバープレートは、1800年代も終わりに近づくころ、アメリカ合衆国で、馬車の持ち主が自分の馬車だと示せるよう、世界で初めてナンバープレートを取り付けた。しかし、この馬車に取り付けるプレートは、政府によって義務付けられたわけではなかった。

1903年にアメリカ・マサチューセッツ州ウエストバージニア州で、世界で初めて政府によってナンバープレートを取り付けることが義務付けられた。その時点で、ナンバープレートは鉄製であった。数年後、プラスチック製に変わり、ほとんどの場所で使用が義務付けられるようになる。

しかし、ナンバープレートは形から大きさまで、どの場所でも違っていた。そのため、1957年、アメリカでナンバープレートの規格が標準化される。その後、そのほかの国々でもナンバープレートの色、形、大きさなどが標準化されていく。

他の言語で
Alemannisch: Kfz-Kennzeichen
العربية: لوحة مركبات
Boarisch: Autokennzeichn
беларуская (тарашкевіца)‎: Аўтамабільны знак
català: Matrícula
Esperanto: Licencplato
Bahasa Indonesia: Pelat nomor
íslenska: Númeraplata
한국어: 차량 번호판
Nederlands: Kentekenplaat
Pälzisch: Nummernschild
srpskohrvatski / српскохрватски: Registarska oznaka
татарча/tatarça: Avtomobil kodı
vepsän kel’: Avtonomerad
Tiếng Việt: Biển đăng ký xe
中文: 車輛號牌
粵語: 車牌號碼