ナノティラヌス

ナノティラヌス Nanotyrannus
Nanotyrannus
Nanotyrannus lancensisの模式標本
地質時代
白亜紀
分類
:動物界 Animalia
:脊索動物門 Chordata
亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata
:爬虫綱 Reptilia
亜綱:双弓亜綱 Diapsida
下綱:主竜形下綱 Archosauromorpha
上目:恐竜上目 Dinosauria
:竜盤目 Saurischia
亜目:獣脚亜目 Theropoda
下目:テタヌラ下目 Tetanurae
上科:ティラノサウルス上科 Tyrannosauroidea
:ティラノサウルス科 Tyrannosauridae
亜科:ティラノサウルス亜科 Tyrannosaurinae
:ティラノサウルス族 Tyrannosaurini
:ナノティラヌス属 Nanotyrannus
学名
Nanotyrannus
Bakker, Currie & Williams, 1988
シノニム
  • Gorgosaurus lancensis Gilmore, 1946
  • Deinodon lancensis (Gilmore, 1946)
  • Aublysodon lancensis (Gilmore, 1946)
  • Albertosaurus lancensis (Gilmore, 1946)
  • N. lancensis

ナノティラヌス (Nanotyrannus) は小型のティラノサウルス類の一。ただし別種ではなく、単にティラノサウルスの若い個体である可能性もあり議論がされている(後述)。2012年春までに見つかっている標本は、北米の後期白亜紀マーストリヒト期地層より発掘された2個体のみである。体長は約5m。学名は、「小さい(nanos)」+「王、暴君(tyrannus)」より「小さな暴君」を意味する。

研究史

ナノティラヌスは、その研究の歴史において複雑な経緯を持つ属である。ナノティラヌスの模式標本(CMN 7541)は、もともと1946年、ゴルゴサウルス属(Gorgosaurus)の新種“ゴルゴサウルス・ランケンシス(Gorgosaurus lancensis)”として記載されたものである。[1]しかし1988年にロバート・バッカーらがこの化石を再調査して特有の構造を認め、独立した属として新たにナノティラヌス属(Nanotyrannusが設けられた。[2]当時、頭蓋の癒合の程度などからこの化石は成体と解釈されており、それに基づいてナノティラヌスは「成体でも全長約5.2メートルほどの小型のティラノサウルス類」として発表された。

しかし、1999年以降の研究で、実際にはこの個体が若齢であるとの論文が発表された。[3][4] それ以降、これらの化石はティラノサウルス幼体であって、“ナノティラヌス”を無効とする解釈も多くなる一方、森林地帯に住んでいたために小型化した独立属だという説も依然として強く存在している。[5] [6]

“ジェーン”の頭蓋骨のレプリカ( バーピー自然史博物館所蔵)

2001年には、より状態のよいティラノサウルス類の若齢個体、通称“ジェーン”(標本ナンバー:BMRP 2002.4.1)が発掘された。これにより既存のナノティラヌス化石と合わせて、依然、ティラノサウルス・レックスの幼体説、ティラノサウルス・レックスに近縁な別属説などの検証が進んでいる。

他の言語で
català: Nanotyrannus
čeština: Nanotyrannus
Deutsch: Nanotyrannus
Ελληνικά: Νανοτύραννος
English: Nanotyrannus
Esperanto: Nanotirano
español: Nanotyrannus
français: Nanotyrannus
magyar: Nanotyrannus
Nederlands: Nanotyrannus
ଓଡ଼ିଆ: Nanotyrannus
polski: Nanotyran
português: Nanotyrannus
русский: Nanotyrannus
Simple English: Nanotyrannus
slovenčina: Nanotyrannus
svenska: Nanotyrannus
Tiếng Việt: Nanotyrannus
中文: 矮暴龍屬