ドラゴンボールZ 神と神

ドラゴンボールZ 神と神
Dragon Ball Z:Battle of Gods
監督細田雅弘
脚本渡辺雄介
原案鳥山明
原作鳥山明
製作冨永理生子
ギャルマト・ボグダン
出演者野沢雅子
鶴ひろみ
古谷徹
堀川りょう
草尾毅
田中真弓
緑川光
佐藤正治
皆口裕子
古川登志夫
渡辺菜生子
伊藤美紀
山寺宏一
音楽住友紀人
主題歌FLOWCHA-LA HEAD-CHA-LA
制作会社東映アニメーション
製作会社「2013ドラゴンボールZ」製作委員会
配給日本の旗 東映/20世紀フォックス
公開2013年3月30日
上映時間劇場公開版:85分
特別版:105分
製作国日本の旗 日本
言語日本語
興行収入29.9億円
前作ドラゴンボール 最強への道
次作ドラゴンボールZ 復活の「F」
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 神と神』(ドラゴンボールゼット かみとかみ、Dragon Ball Z:Battle of Gods)は、2013年公開の『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作品第18弾(『ドラゴンボールZ』としては第14弾)。

キャッチコピーは「最強、始動。」「最強、激突。」「フリーザ、セル、魔人ブウ。すべてを超越する存在がいた。」「今、闘いの歴史が変わる――。」。

前作『ドラゴンボール 最強への道』より17年ぶり、『ドラゴンボールZ』としては『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』以来18年ぶりの劇場作品であり、併映無しの単独上映としては初の劇場作品となる。

物語は、原作の「魔人ブウ編」終結~エピローグとなる10年後までの間の時期(原作の第517話と第518話、『ドラゴンボールZ』の第288話と第289話、『ドラゴンボール改』の第157話と第158話の間)に位置し、孫悟空が魔人ブウを倒してから約4年後にあたるエイジ778のある日[1]に起こったエピソードが描かれる[2][3]

他の言語で