ドラゴンボールZ 復活の「F」

ドラゴンボール > ドラゴンボールZ > ドラゴンボールZ 復活の「F」
ドラゴンボールZ 復活の「F」
監督山室直儀
脚本鳥山明
原作鳥山明
出演者野沢雅子
鶴ひろみ
堀川りょう
田中真弓
緑川光
佐藤正治
古川登志夫
伊藤美紀
中尾隆聖
音楽住友紀人
主題歌ももいろクローバーZ『Z』の誓い
制作会社東映アニメーション
製作会社「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会
配給日本の旗 東映/20世紀フォックス
公開2015年4月18日
上映時間94分
製作国日本の旗 日本
言語日本語
興行収入37.4億円[1]
前作ドラゴンボールZ 神と神
次作映画ドラゴンボール超
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 復活の「F」』(ドラゴンボールゼット ふっかつのエフ)は、2015年公開の『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開アニメーション映画作品第19弾(『ドラゴンボールZ』としては第15弾)。

キャッチコピーは「史上最悪の願い いま、絶望が始まる」「神次元バトル、開戦。」「超神激戦(ちょうじんげきせん)!!」「更なる進化をお見せしましょう…」。

概要

前作『ドラゴンボールZ 神と神』より2年ぶりとなる劇場公開作品。物語も前作の直接的な続編となる。原作者鳥山明は前作に続いてキャラクターデザインを担当すると共に、本作では初めて単独で脚本も務める。

シリーズ初となる「デジタル3D版」も通常版と併せて上映。また本作は、邦画初の「IMAX3D映画」としての上演と[2]、モーションシートと特殊効果を使った体感型システム「4DX ®デジタルシアター」による上映も決定している[3]

サブタイトル『復活の「F」』の「F」は、原作にて主人公の孫悟空サイヤ人の宿敵であったフリーザを指しており[4]、本作品のキーキャラクターとなる。「F」という表記にした理由は、鳥山明が友人を通じて知り合ったロックバンドマキシマムザホルモンがフリーザのことを歌った楽曲『「F」』を聞いて、その曲のタイトル表記をかっこいいと気に入ったためで、フリーザが復活する今回のシナリオについても同曲を聞いてひらめいたと明かしている[5]。同曲は本作品のバトルソングにも起用される。初代担当編集者の鳥嶋和彦は今回の鳥山の脚本を2回没にしている[6]が、フリーザを復活させるというアイデアについては「いいところを突いている」と評しており[7]、鳥山も本作の内容について「めったに褒めない鳥嶋氏が珍しくいいね!と言った」と語っている[8]

公開に先取り『Vジャンプ』2015年4月号から6月号まで、本作をコミカライズした読切漫画(原作:鳥山明、漫画:とよたろう)が3号連続で掲載され、映画にあった場面は省略されたり追加された場面も存在し、フリーザがゴールデンフリーザに変身する直前までが描かれた。また、入場者プレゼントとして鳥山明書下ろし脚本完全収録となったガイドブック付きの全国先着150万名限定グッズが配布された。2015年5月9日の舞台挨拶では、日本記念日協会により5月9日を「悟空の日」とすることが発表された[9]。また、本作の公開を記念して、アメリカでプレミアが行われた。北米では2015年4月11日に解禁となった。この様子は2015年4月17日の『金曜プレミアム』でも放送された。その際、野沢雅子と北米版の孫悟空役の声優であるショーン・シュメルと着ぐるみの孫悟空が、3人でかめはめ波を出すポーズを披露した。

本作のBlu-ray DiscDVDは2015年10月7日に発売された。特別限定版には、ゴールデンフリーザを模した目覚まし機能つきオリジナルクロック、画コンテ集、特製ブックレット、ボーナスDVDを封入。

テレビアニメシリーズ『ドラゴンボール超』では、本作を原作とした「フリーザ復活編」として、テレビシリーズ複数話分に再制作・再構成している。

Dr.スランプ アラレちゃん』から鳥山明原作アニメおよびドラゴンボールシリーズの音響効果を担当してきた新井秀徳は、この作品を最後にシリーズを退いた。