ドラゴンボールの登場人物

ドラゴンボール > ドラゴンボールの登場人物

ドラゴンボールの登場人物(ドラゴンボールのとうじょうじんぶつ)では、鳥山明漫画ドラゴンボール』およびそれを原作とするアニメドラゴンボール』、『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』、『ドラゴンボール改』、『ドラゴンボール超』に登場する架空の人物について説明する。

本記事中の『元祖』、『Z』、『GT』、『改』、『超』の表記は、それぞれアニメ『ドラゴンボール』、『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』、『ドラゴンボール改』、『ドラゴンボール超』を指す。『TVSP』はテレビアニメスペシャルを指す。

主要キャラクター(戦士)

以下に戦士として挙げる者は、常に最前線で戦闘を繰り広げた者たち。アニメ『ドラゴンボールZ』を取り扱った書籍などでは「Z戦士」と呼称されることもある。

サイヤ人

孫悟空
- 野沢雅子[1][2]
本作品の主人公。純粋で心優しい地球育ちのサイヤ人。サイヤ人としての名は「カカロット」。様々な師の下での修行と強敵やライバルとの死闘を経て、最強を求める格闘戦士へと成長していく。多くの仲間にも恵まれ、のちに家庭を持つ。
ベジータ
声 - 堀川亮(現:堀川りょう)[2]
サイヤ人の生き残りであり、超エリートに属する惑星ベジータの王子。ナッパとともに地球に襲来し悟空たちと死闘を繰り広げる。初期の頃は残忍で冷酷な性格だったが、悟空やブルマたちに感化され、次第に残忍さは薄れていく。ブルマと結ばれトランクスとブラの父親となる。フリーザ編以降悟空をライバル視している。

サイヤ人と地球人との混血

孫悟飯
声 - 野沢雅子[2]
孫悟空とチチとの長男で、悟天の兄であり、サイヤ人と地球人の混血。悟空不在時には主人公を担う。幼少時にピッコロの弟子となり、悟空たちと共に数々の強敵と闘う。ナメック星人の子供・デンデとは親友同士であり、父の親友でもあるクリリンとも仲が良い。悟空やベジータを上回る潜在能力を持つが、あまり闘いは好まないため、なかなか力は発揮されなかった。後に学者になり高校時代から付き合いがあったビーデルと結婚し、パンという娘ができる。
トランクス
声 - 草尾毅[2] / 赤子時代:鶴ひろみ[3]
ブルマとベジータの長男で、サイヤ人と地球人の混血。人造人間編においては未来から来た青年として戦った。魔人ブウ編においては、親友の孫悟天とフュージョンして魔人ブウと闘う。
孫悟天
声 - 野沢雅子[2]
孫悟空とチチとの次男。孫悟飯の弟であり、サイヤ人と地球人の混血。容姿は父親似だが、性格は少々甘えん坊。年齢が近いトランクスとは親友同士。

ナメック星人

ピッコロ(マジュニア)
声 - 古川登志夫[2]
ピッコロ大魔王の息子かつ分身にして生まれ変わり。当初は悟空たちと敵対するが、サイヤ人の地球襲来で初めて手を組む。その後、悟飯の師匠となり暮らしていくうちに悪の心が薄れ、悟空たちと共に地球の平和を守るため数々の強敵と闘う。また、ナメック星でネイル、地球で神と融合した。

地球人

ヤムチャ
声 - 古谷徹[1]
盗賊。悟空たちと仲間になり、亀仙人に弟子入りしたことで武闘家として成長し、クリリン同様地球人として考えられる次元を超えたトップクラスの実力者となった。戦士の中では悟空の最も古い仲間。ブルマは長年の交際相手だったが破局する。
人造人間編までは参戦していたが、魔人ブウ編以後は前線から退く。
クリリン
声 - 田中真弓[1]
元は多林寺という拳法の寺で修行していたが、亀仙人に弟子入りした。悟空の兄弟弟子であり親友。鼻がなく、額にある六つのの痕が特徴。初登場時はさほどの強さではなかったが、修行を続けて成長し、超人的な強さを体得していった。モテないことが悩みだったが後に18号と結婚する。
人造人間編までは参戦していたが、魔人ブウ編以後は前線から退く。
天津飯
声 - 鈴置洋孝[1](元祖、Z、映画第3612作)、山寺宏一(Z82話、84話での代役)、真殿光昭(ゲーム『バーストリミット』、『インフィニットワールド』、『天下一大冒険』)、緑川光(改、超、『レイジングブラスト』以降のゲーム、映画第18 - 19作)
鶴仙人の弟子として登場した悟空の初期のライバル。悟空との闘いを経て鶴仙人の弟子を辞めて仲間となる。額の第三の目が特徴。多彩な技や特殊能力の持ち主で、クリリンやヤムチャ同様高度な戦闘力を誇る。彼らと違って修行を一切中断することなく日々続けている。
人造人間編までは参戦していたが、魔人ブウ編以後は前線から遠のく。それでも要所要所で活躍する場面もある。実は純粋な地球人ではなく宇宙人・三つ目人の末裔である。
餃子
声 - 江森浩子
天津飯を兄のように慕う鶴仙流の同門。テレパシーや金縛りなどの強力な超能力が使える。主要戦士よりは非力だが芯が強い。
天津飯と共に原作終盤まで修行は続けていたものの、人造人間編以降は天津飯の配慮により参戦する機会はなかった。
他の言語で