ドラキュラ (映画)

ドラキュラ
Bram Stoker's Dracula
監督フランシス・フォード・コッポラ
脚本ジェイムズ・V・ハート
原作ブラム・ストーカー
製作フランシス・フォード・コッポラ
フレッド・フックス
チャールズ・マルヴェヒル
製作総指揮マイケル・アプテッド
ロバート・オコナー
出演者後述
音楽ヴォイチェフ・キラール
撮影ミヒャエル・バルハウス
編集ニコラス・C・スミス
グレン・スキャントベリー
アン・ゴアソード
配給アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 COLTRI
公開アメリカ合衆国の旗 1992年11月13日
日本の旗 1992年12月19日
上映時間128分
製作国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
 ルーマニア
言語英語
ルーマニア語
ブルガリア語
ギリシャ語
製作費$40,000,000[1]
興行収入$215,862,692[1]
テンプレートを表示

ドラキュラ』 (Bram Stoker's Dracula) は、1992年アメリカ合衆国の映画である。ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』を原作としている。

ゲイリー・オールドマンの演じるドラキュラ伯爵と、ウィノナ・ライダーの演じるミナのロマンスが中心となっている。アンソニー・ホプキンス司祭役とヴァン・ヘルシング役、ライダーはエリザベータ役とミナ役、とそれぞれ二役を演じている。

1993年の第65回アカデミー賞で、衣裳デザイン賞石岡瑛子)、メイクアップ賞、 音響効果編集賞受賞。美術監督賞、美術装置賞の2部門ノミネート。

ストーリー

ルーマニアトランシルヴァニア城の城主であるドラキュラ伯爵はイスラム勢力との戦争に出征するが、そこで戦死したという虚偽の情報を真に受けた最愛の妻である妃エリザベータは、投身自殺する。帰ってきたドラキュラ伯爵は悲しみの最中、司祭から自殺した霊魂は神に救われないという言葉を聞かされ、絶望する。絶望の末、ドラキュラ伯爵は怒り極まって神への復讐を誓い、血を糧に生き長らえる吸血鬼と化す。

それから400年後。ロンドンの弁護士・ジョナサンはルーマニアのドラキュラ伯爵からの依頼を受けて彼の城に向かうが、そこでドラキュラ伯爵の正体を知ったため、城に囚われてしまう。一方、ロンドンへ渡ったドラキュラ伯爵は亡き妻と瓜二つの女性・ミナと出会う。ジョナサンの婚約者であるミナは、ジョナサンとドラキュラ伯爵の間で揺れ動くこととなる。

時を同じくして、ミナの親友であるルーシーは奇妙な夢遊病の発作に悩まされていた。徐々に心身ともに衰弱していくルーシーの様子を心配した婚約者であるアーサーは、友人のジャックとクィンシーからこのことを形而上学者ヴァン・ヘルシングに相談するよう、勧められる。ルーシーの屋敷を訪れ、彼女を診察したヘルシングは、その症状が吸血鬼に血を吸われたことによるものだと気付く。

それからしばらく経ち、ドラキュラ城から脱出したジョナサンはロンドンに戻るが、そこでドラキュラ伯爵もロンドンに渡って来ていたことを知る。その後、ヘルシングと出会ったジョナサンはドラキュラ伯爵がミナを奪おうとしていることを知り、アーサーたちやヘルシングと共にドラキュラ伯爵に戦いを挑むことを決意する。

他の言語で
беларуская (тарашкевіца)‎: Дракула (фільм, 1992)
hrvatski: Drakula (1992.)
Bahasa Indonesia: Dracula (film 1992)
Lëtzebuergesch: Dracula (Film 1992)
Plattdüütsch: Bram Stoker’s Dracula
srpskohrvatski / српскохрватски: Dracula (film, 1992)
Simple English: Bram Stoker's Dracula
українська: Дракула (фільм, 1992)