ドイツアフリカ軍団

北アフリカにおけるドイツ兵
ドイツアフリカ軍団所属の対戦車部隊の行軍(1942年)

ドイツアフリカ軍団(ドイツアフリカぐんだん、: Deutsches Afrikakorps, 略称:DAK)は、第二次世界大戦中に地中海沿岸のイタリアリビアに派遣された、ドイツ国防軍部隊の名称の一つである。なお、アフリカ派遣軍部隊のすべてがドイツアフリカ軍団に属していた訳ではない。エルヴィン・ロンメルの指揮により、大きな戦果を挙げた。

ドイツアフリカ軍団の戦闘の詳細は、北アフリカ戦線を参照。

他の言語で