トレヴァー・ラビン

トレヴァー・ラビン
Trevor Rabin
Trevor Rabin.jpg
基本情報
生誕(1954-01-13) 1954年1月13日(64歳)
出身地南アフリカの旗 南アフリカ連邦
ジャンルプログレッシブ・ロック
職業シンガーソングライター
担当楽器
ギター
キーボード
共同作業者イエス
公式サイトTrevorRabin.net

トレヴァー・ラビンTrevor Rabin1954年1月13日 - )は、南アフリカ共和国出身のロックギタリストシンガーソングライター及びマルチプレイヤー。また映画音楽の作曲・構成も務める。

経歴

ヨハネスブルグで、シンフォニー第一バイオリン奏者の父親、ピアノ教師の母親の間のユダヤ系の家庭に生まれる。両親が音楽家という環境の中で、自然に音楽に親しみ、5歳でピアノを習い始め、12歳でギターを始めた。

当初は母国でアイドル性の強いラビットRabbitt)というハードロック・バンドに在籍して活動を始めた。2枚のアルバムを発表した後に解散。ラビンはアメリカに渡り、ソロ活動で認知度を広めていく。1982年エイジアのプロジェクトがキッカケ(詳細は不明)で当時イエスのメンバーだった元バグルズトレヴァー・ホーンハンス・ジマーの知己を得た。

その直後、ジミー・ペイジとのXYZ の構想が実現に至らなかったクリス・スクワイアから、新しいバンドシネマCinema)の結成を打診され参加。このシネマが作り始めたデビュー・アルバムに、ジョン・アンダーソンがボーカルとして加わり、1983年再結成イエスの『ロンリー・ハート』として発表される。しかしその後、イエスの中で紆余曲折があり、結果として1994年の『トーク』を最後に脱退。ハンス・ジマー率いるメディアベンチャーズに参加し、映画音楽の道に転身、『アルマゲドン』や『ディープ・ブルー』、『タイタンズを忘れない』、『ナショナル・トレジャー』、『スネーク・フライト』、『リベンジ・マッチ』、『ロック・スター』など、数々の作品を手がけている。

イエスとしての活動は、ほぼ10年ぶりとなる2004年11月にウェンブリーで行われたトレヴァー・ホーンの25周年記念コンサート「Produced By Trevor Horn: A Concert For Prince Trust」に出演。スティーヴ・ハウら旧知のメンバーと共演、『ロンリー・ハート』ではギターと共にボーカルを披露し、健在振りをアピールした。

2012年には、1989年の『Can't Look Away』以来23年ぶりとなるソロアルバム『Jacaranda』をリリースしている。

2016年、元・イエスのメンバーであるジョン・アンダーソンリック・ウェイクマンと アンダーソン・ラビン・ウェイクマンを結成し、イエスの曲を演奏するコンサート活動を開始した。

他の言語で
العربية: تريفور رابين
čeština: Trevor Rabin
Deutsch: Trevor Rabin
English: Trevor Rabin
español: Trevor Rabin
français: Trevor Rabin
magyar: Trevor Rabin
italiano: Trevor Rabin
Nederlands: Trevor Rabin
norsk nynorsk: Trevor Rabin
polski: Trevor Rabin
português: Trevor Rabin
română: Trevor Rabin
русский: Рэбин, Тревор
svenska: Trevor Rabin