トルコ文学

トルコ文学では、現在トルコ共和国の領土となっているアナトリア半島を中心に行われてきたトルコ人トルコ語およびオスマン語、さらにはペルシア語等による文学、文芸活動について述べる。

古典文学

トルコ人がアナトリアに定着したばかりの11世紀から15世紀のころは、中央アジアの伝統を引き継ぐ叙事詩などの口承文芸と、イランから受け継いだペルシア語による定型詩の二つの潮流があった。前者には、異教徒との戦いを歌った英雄叙事詩が多く、16世紀に書写されて残された「デデ・コルクトの書」が有名である。後者の代表的な詩人には、メヴレヴィー教団の開祖となる神秘主義詩人ジャラール・ウッディーン・ルーミーがいるが、少し後の時代の詩人 ユーヌス・エムレ英語版はあえてトルコ語によって民衆詩をうたい、トルコ語詩の芸術性を高めた。

トルコ人の小君侯国から発展しアナトリアの大半を併合したオスマン帝国が、コンスタンティノポリスを征服して首都と宮廷を発展させてくると、ペルシア詩の強い影響を受け、韻律などにペルシア詩の要素を全面的に取り入れた ディーワーン文学英語版というジャンルが発展し、16世紀の大詩人バーキーフズーリーの輩出によってその黄金期を迎える。また、散文や行政文書でもイスタンブールで話されるトルコ語にアラビア語やペルシア語の語彙・語法を取り入れたオスマン語が発展し、ペルシア文学の美文調を真似た作品が数多く書かれた。有名な作品には17世紀の旅行家エヴリヤ・チェレビの旅行記があげられる。18世紀前半には堅苦しいテーマに縛られず自由に現世的な詩をうたった ネディーム英語版が宮廷詩人としてもてはやされた。

他の言語で