トマス杯

トマス杯(Thomas Cup)は男子 バドミントンの国別対抗戦である。

同大会の名称は、20世紀初頭の名選手だったジョージ・トマス(国際バドミントン連盟(IBF)初代会長)にちなんだ。現在、同大会はIBFから 2006年9月に改名された 世界バドミントン連盟(BWF)により運営され、女子の ユーバー杯と並ぶ国別の団体世界選手権とされている。

大会の流れ

  • 各国から4名から10名の選手が選出されてチームを構成し、シングルス3試合とダブルス2試合の計5試合のうち3試合に勝ったチームの勝利となる。
  • 1度の対戦において、1人の選手が出場できるのはシングルス1試合とダブルス1試合まで(それ以上の重複は認められない。)。
  • グループリーグではチームの勝敗が決しても5試合すべてを行い、トーナメントではどちらかのチームが3勝して勝敗が決した時点でそれ以降の試合は行われない。

開催方式

同大会の開催方式は以下のように大きく変化している。以下、決勝大会での対戦方式の変遷を記す。

1. 第1回 - 各大陸ゾーン予選を勝ち抜いた3か国( マラヤ連邦 [1]デンマークアメリカ合衆国)による トーナメント。デンマークは決勝にシード。1戦で9試合を行い、勝利数の多い方が勝ち抜け。
2. 第2-7回 - 各大陸ゾーン予選を勝ち抜いた4か国(第2回は3か国)によるトーナメント制のインターゾーンプレーオフを行い、その勝者が前回優勝国とチャレンジラウンド(決勝戦)で対戦。
3. 第8-12回 - 各大陸ゾーン予選を勝ち抜いた4か国(第10、12回は5か国)に前回優勝国を加えた5か国(同6か国)によるトーナメント制のインターゾーンプレーオフ。
4. 第13-20回 - 各大陸ゾーン予選を勝ち抜いた6か国に前回優勝国と開催国(第14回は インドネシアが重複)を加えた8か国による決勝大会のグループリーグ(2組、各4か国)を行い、各組上位2か国による準決勝・決勝(トーナメント、第13-16回は3位決定戦も実施)。この時から1戦ごとに全5試合の対戦となる(第18回のみ、決勝戦はどちらかが先に3勝した時点で打ち切り)。開催は3年に1度から2年に1度、女子のユーバー杯と同時開催へ変更(第13回トマス杯と第10回ユーバー杯、以下同)。
5. 第21-23回 - 準決勝・決勝は先にどちらかが3勝した時点で打ち切り。
6. 第24回以降 - 各大陸ゾーン予選を勝ち抜いた10か国に前回優勝国と開催国(第24回は 中華人民共和国が重複)を加えた12か国が参加。4組、各3か国でのグループステージを行い、各組1位が準々決勝に進出。各組2位は各組3位とプレーオフを行い、その勝者が準々決勝に進出して、各組1位と対戦。
7. 第28回大会は各大陸予選を行わず、シングルス、ダブルスの上位選手の世界ランキングポイントを集計した国・地域別のチームランキング上位16ヶ国(地域)が参加する方式に変更。4チームを1グループとした4グループに分かれて予選リーグを行い、それぞれ上位2チームが準々決勝以降のトーナメントに進出。
他の言語で
dansk: Thomas Cup
Deutsch: Thomas Cup
English: Thomas Cup
español: Thomas Cup
Bahasa Indonesia: Piala Thomas
한국어: 토머스 컵
Bahasa Melayu: Piala Thomas
Nederlands: Thomas Cup
русский: Кубок Томаса
svenska: Thomas Cup
中文: 汤姆斯杯