トマス・ウェントワース (初代ストラフォード伯爵)

初代ストラフォード伯爵
トマス・ウェントワース
Thomas Wentworth
1st Earl of Strafford
Thomas Wentworth, 1st Earl of Strafford.jpg
「鎧を纏ったストラフォード伯」1639年アンソニー・ヴァン・ダイク
生年月日1593年4月13日
出生地イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドン
没年月日 (1641-05-12) 1641年5月12日(48歳没)
死没地イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドン
出身校ケンブリッジ大学セントジョン・カレッジ英語版インナー・テンプル
称号初代ストラフォード伯爵、初代ウェントワース子爵、初代ウェントワース男爵英語版、初代ニューマーチ=オーバーズリー男爵、初代ラビー男爵英語版枢密顧問官(PC)
配偶者(1)マーガレット・クリフォード (2)アラベラ・ホレス (3)エリザベス・ローデス

イングランドの旗 北部評議会議長英語版
在任期間1628年 - 1641年
国王チャールズ1世

在任期間1632年 - 1640年
国王チャールズ1世

イングランドの旗 アイルランド総督(Lord Lieutenant)
在任期間1640年 - 1641年
国王チャールズ1世
テンプレートを表示

初代ストラフォード伯トマス・ウェントワース英語: Thomas Wentworth, 1st Earl of Strafford, 1593年4月13日 - 1641年5月12日)は、イングランドの政治家、貴族。

庶民院議員として政界入り。当初は反国王派だったが、1628年から国王派に転じた。1629年から1640年にかけて国王チャールズ1世は議会無視の親政を行ったが、その間に北部評議会議長英語版アイルランド総督などを歴任し、イングランド北部やアイルランドで専制政治を展開した。1639年にはウィリアム・ロードとともに国王の筆頭顧問官となる。しかし内戦前夜の1640年から1641年にかけての議会で専制政治の責任を追及されて私権剥奪法可決により処刑された。

1628年7月にウェントワース男爵英語版、同年12月にウェントワース子爵、1640年にストラフォード伯爵に叙せられた。