デービス・パトナムのアルゴリズム

デービス・パトナムのアルゴリズム: Davis–Putnam algorithm)は、与えられた論理式の充足可能性を調べるアルゴリズムで、連言標準形で表現された命題論理式を対象とする。アメリカ国家安全保障局の支援を受け、一階述語論理での定理自動証明のための方法としてマーチン・デービス英語版Martin Davis)とヒラリー・パトナムHilary Putnam)により1958年に考案され[1]、一般には1960年に発表された[2]。その後の改良版であるDPLLアルゴリズムDavis-Putnam-Logemann-Loveland algorithm[3]のベースとなるアルゴリズムである。

なお、古い文献ではDPLLアルゴリズムのことをデービス・パトナムのアルゴリズムと呼ぶことがある。それぞれは異なった規則を使用し[3]、正確には異なる。1960年に提案されたデービス・パトナムのアルゴリズムが導出を使用するのに対し、1962年に提案されたDPLLアルゴリズムバックトラックを使用する[4]