デッドマンズ・ハンド

ワイルド・ビル・ヒコックが死んだ時の手札と噂されている、黒のAと8のペア。

デッドマンズ・ハンド(( : Dead man's hand)、死人の手札)は、 ポーカーの手札の組み合わせの一つである。 デッドマンズ・ハンドの組み合わせは、長年の間、様々なものが言われていた。現在では、デッドマンズ・ハンドは黒のエースと8の ツーペアで描写されている。「 5枚目の英語版」カードは不明であり、この手札は、「 西部開拓時代」の 庶民の英雄英語版で、保安官かつ ガンマンだった ワイルド・ビル・ヒコックが暗殺された時の手札だと伝えられている。

初期の記録

ヒコックと結びつくのは1920年代以降のことであるが、「デッドマンズ・ハンド」という表現は19世紀の終わりから20世紀初めには登場していた [1]。最初に「デッドマンズ・ハンド」について言及されたのは1886年であり、そこでは3枚のジャックと2枚の10の フルハウスを指していた [2]。1903年の「迷信・伝承・オカルト科学百科事典(Encyclopaedia of Superstitions, Folklore, and the Occult Sciences)」では、ジャックと7の組み合わせを「デッドマンズ・ハンド」と呼んでいた [3] [4]。1907年にはエドモント・ホイル(Edmond Hoyle)が「ジャックと8の組み合わせ」をデッドマンズ・ハンドと紹介していた [5]

他の言語で