ディーン・ラスク

ディーン・ラスク
ディーン・ラスク

デイヴィッド・ディーン・ラスク(David Dean Rusk, 1909年2月9日 - 1994年12月20日)は、アメリカ合衆国官僚ケネディ及びジョンソン政権で国務長官1961年 - 1969年)を務めた。国務長官の在任期間はコーデル・ハルに次いで歴代2位の長さである。

経歴

ラスクは、貧しいジョージア州チェロキー郡で生まれた(これを記念し、同郡の中学校に彼の名が付けられている)。彼はアトランタで高校教育を受け、1925年に卒業してからは弁護士事務所で2年間働き大学入学資金を蓄えてノースカロライナ州のデビッドソン大学に入学した。ラスクは1931年英国オックスフォード大学のセント・ジョンズ・カレッジへ、ローズ奨学生として留学した。そこで1学期間ドイツに留学しナチスの台頭を目の当たりにする。帰国後は1934年から1940年までミルズ大学(カリフォルニア州オークランド)で教鞭をとり30歳で学部長になった。カリフォルニア大学バークレー校で法律を研究した。

大学で予備役将校訓練過程(ROTOC)を受講していたラスクは1940年に現役復帰し、陸軍大尉に任官した。真珠湾攻撃によりアメリカが第二次世界大戦に参加すると、英領東南アジア情報活動の責任者になった。ニューデリーに本部を置き中国、ビルマ、インド戦線を担当するジョセフ・スティルウェル将軍下の参謀次長として活躍し、勲功章と樫葉章を受け大佐に昇進した。戦争の終結が近づくと、戦後の政治問題を検討する為に陸軍省内に設けられた部署に抜擢された。朝鮮半島の分断線を北緯38度(38度線)と決定したのはラスクであるといわれている。その後ジョージ・マーシャルに引き抜かれる形で1945年2月に国務省へ移り、国連局で国連の設立に携わった後、特別政治問題局長になった。1949年に国務次官代理、1950年に極東担当国務次官補となり、朝鮮戦争に関するアメリカの決定に影響力を及ぼした。また同時期に、戦後の日本海日本領土(竹島を含む)に関して韓国ラスク書簡を発行している。

ラスクは1950年にロックフェラー財団の理事、さらに1952年には国務省を辞して理事長の職に就いた。1960年の大統領選でケネディが勝利するとその年の12月12日国務長官に指名された。さらに外交問題評議会(CFR)とビルダーバーグ会議の正式メンバーにもなった。国務長官としての彼は一貫して、共産主義との対抗に軍事行動をためらわないタカ派で、キューバ危機では当初、即時の軍事攻撃を主張したが、程なく外交交渉へと転じている。ベトナム戦争に当たってはアメリカの行動への弁明ゆえに、しばしば反戦主義者から攻撃の的となった。

引退後は、1970年から1984年までジョージア州アセンズジョージア大学国際法を教えた。

他の言語で
العربية: دين راسك
Cymraeg: Dean Rusk
dansk: Dean Rusk
Deutsch: Dean Rusk
English: Dean Rusk
español: Dean Rusk
euskara: Dean Rusk
فارسی: دین راسک
suomi: Dean Rusk
français: Dean Rusk
עברית: דין ראסק
Bahasa Indonesia: Dean Rusk
italiano: Dean Rusk
한국어: 딘 러스크
Bahasa Melayu: Dean Rusk
Nederlands: Dean Rusk
norsk: Dean Rusk
polski: Dean Rusk
português: Dean Rusk
română: Dean Rusk
русский: Раск, Дин
Simple English: Dean Rusk
svenska: Dean Rusk
Türkçe: Dean Rusk
українська: Дін Раск
Tiếng Việt: Dean Rusk