ディヴィ・ジョーンズの監獄

ディヴィ・ジョーンズの監獄
Punch Davy Jones's Locker.png
ディヴィ・ジョーンズの監獄(ジョン・テニエル作。1892年。)
ジャンル航海民話
種類海底または溺死した船乗りが眠る場所に対する婉曲法
ディヴィ・ジョーンズ(1832年にジョージ・クルックシャンクが、トビアス・スモレットの小説につけた挿絵)[1]

ディヴィ・ジョーンズの監獄Davy Jones' Locker)とは、海底の呼び名の一つで、溺れた船乗りの死や船の沈没を表す慣用句[2]水死人や沈没船を婉曲的に表現したもので、船乗りや船が海の底にとどめられている、「ディヴィ・ジョーンズの監獄に送られた」と言い表す。[3]

ディヴィ・ジョーンズとは船乗りの間で信じられている悪魔[2]のことで、19世紀の辞書には「ヨナの亡霊」[4]と記述されていたようである(ヨナは旧約聖書に出てくる預言者に逆らい、海に放り込まれて魚に飲まれた)。他にも過去に存在した不器用な船乗りや、船乗りを誘拐したパブの店主が由来だとする説もある。