ディヴィ・ジョーンズの監獄

ディヴィ・ジョーンズの監獄
Punch Davy Jones's Locker.png
ディヴィ・ジョーンズの監獄(ジョン・テニエル作。1892年。)
ジャンル航海民話
種類海底または溺死した船乗りが眠る場所に対する婉曲法
ディヴィ・ジョーンズ(1832年にジョージ・クルックシャンクが、トビアス・スモレットの小説につけた挿絵)[1]

ディヴィ・ジョーンズの監獄Davy Jones' Locker)とは、海底の呼び名の一つで、溺れた船乗りの死や船の沈没を表す慣用句[2]水死人や沈没船を婉曲的に表現したもので、船乗りや船が海の底にとどめられている、「ディヴィ・ジョーンズの監獄に送られた」と言い表す。[3]

ディヴィ・ジョーンズとは船乗りの間で信じられている悪魔[2]のことで、19世紀の辞書には「ヨナの亡霊」[4]と記述されていたようである(ヨナは旧約聖書に出てくる預言者に逆らい、海に放り込まれて魚に飲まれた)。他にも過去に存在した不器用な船乗りや、船乗りを誘拐したパブの店主が由来だとする説もある。

歴史

ディヴィ・ジョーンズが出てくる作品の中で最も古いものはダニエル・デフォーの『Four Years Voyages of Capt. George Roberts』(1726年)という作品である。

ルー商会からやってきた者たちは、もし立ち去るならばいくつか物をみつくろって渡してやろう、と言った。しかしラフェルは、そんなことはするな、そんなことをしたらそれらを全部ディヴィ・ジョーンズの監獄に放り込んでやる、と言った。 — ダニエル・デフォー[5]

トビアス・スモレットが1752年に書いた『The Adventures of Peregrine Pickle[4]にもディヴィ・ジョーンズの記述がある。

船乗りたちによると、このディヴィ・ジョーンズというのは深海の悪霊を統べる魔神であり、様々な姿かたちを取ってハリケーンの前夜に船の帆に座っているという。そして可哀想な船乗りたちに死と災難に呪われたことを、難破などのあらゆる災難に見舞われるだろうことを告げるのである。 — トビアス・モレット[4]

この小説ではディヴィ・ジョーンズは皿のような眼と三列の歯を持ち、角としっぽが生え、鼻から青い煙を出すとされている。


推測される起源

「ディヴィ・ジョーンズ」の言い伝えがどこで生まれたのかははっきりしておらず、以下のように多くの推測[2]や言い伝え[6]がなされている。

  • Dictionary of Phrase and Fable』(1898年)という辞書では、ディヴィ・ジョーンズは西インド諸島カリブ海の「duppy(duffy)」や、旧約聖書に出てくるヨナに関連するとされている。
「彼はディヴィ・ジョーンズの監獄に送られた」というのはすなわち、彼が死んだことを意味する。ジョーンズはヨナという呼び名が変化したもので、ヨナとは海に投げ込まれた預言者のことである。「監獄(locker)」は船乗りの間では私物置き場を指す。「duffy」とは、西インド諸島黒人の間で信じられている幽霊魂魄のことである。だから冒頭の文章を詳しく言うと、「彼は安らかなる場所に向かったのだ、かつて幽霊やヨナが向かった場所へ」となる。 — E・コブハム・ブルーワー[4]
  • ディヴィ・ジョーンズという、1630年代にインド洋で活動していたそれほど有名ではない実在の海賊から来ているという説がある。[7]
  • ダファー・ジョーンズ(duffer=うすのろ)という、しょっちゅう海に落っこちることで有名だった近眼の船乗りから来ているという説がある。[8]
  • イギリスパブの店主の名から来ているという説がある。彼は酔っぱらった船乗りをエール倉庫に閉じ込め、通りがかる船に売り渡していたとされる。[6]
  • 言語学者は、「ディヴィ」はウェールズの船乗りたちが加護を祈る聖人デイヴィッドに由来し、「ジョーンズ」は聖人ヨナに由来すると考えている。[9]