ディエゴ・ベラスケス

ディエゴ・ベラスケス
Diegovelazquezselfportrait.jpg
自画像
生誕 (1599-06-06) 1599年 6月6日
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国セビーリャ
死没 1660年 8月6日(1660-08-06)(61歳没)
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国マドリード
国籍 スペイン
著名な実績 絵画
代表作 ラス・メニーナス, 1656年
鏡のヴィーナス, 1644年–1648年
ブレダの開城, 1634年–1635年
ほか多数
運動・動向 バロック

ディエゴ・ロドリゲス・デ・シルバ・イ・ベラスケス(Diego Rodríguez de Silva y Velázquez, 1599年 6月6日(洗礼日) - 1660年 8月6日)は バロック期の スペイン画家マネが「画家の中の画家」と呼んだベラスケスは、スペイン絵画の 黄金時代であった 17世紀を代表する巨匠である [1] スペイン黄金時代美術の代表的な存在として今日まで高い評価がなされている[ 誰によって?]

生涯

修業時代

生涯隠していたが、 コンベルソの家系( ポルトガルから来た父方の祖父がコンベルソ)。[ 要出典] スペイン南部の都市 セビリアに生まれ、11歳頃に当地の有力な画家である フランシスコ・パチェーコに弟子入りした。6年後の1617年、18歳のときに独立し、翌1618年には師匠であるパチェーコの娘であるフアナと結婚する。17世紀のスペイン画壇では、厨房画(ボデゴン)と呼ばれる室内情景や静物を描いた絵画が多く制作されたが、 宮廷画家になる前のベラスケスもこの厨房画のジャンルに属する作品を描いていた。『卵を料理する老婆と少年』( 1618年)などがその代表作である。1622年には首都 マドリードへと旅行した。

宮廷画家

1623年、マドリードに2回目の旅行に行く。このとき、スペインの首席大臣であった オリバーレス伯爵 ガスパール・デ・グスマンの紹介を受け、国王 フェリペ4世の肖像画を描き、国王に気に入られてフェリペ4世付きの宮廷画家となり、以後30数年、国王や王女をはじめ、宮廷の人々の肖像画、王宮や離宮を飾るための絵画を描いた。

美術愛好家であったフェリペ4世は、ベラスケスを厚遇し、画家のアトリエにもしばしば出入りしていたという。当時、画家という職業には「職人」としての地位しか認められなかったが、フェリペ4世は晩年のベラスケスに宮廷装飾の責任者を命じ、貴族、王の側近としての地位を与えていた。

ベラスケスの作品では、画面に近づいて見ると、素早い筆の運びで荒々しく描かれたタッチにしか見えないものが、少し離れたところから眺めると、写実的な衣服のひだに見える。このような、近代の 印象派にも通じる油彩画の卓越した技法が、マネらの近代の画家がベラスケスを高く評価したゆえんである。

1628年には、 スペイン領ネーデルラント総督の イサベル・クララ・エウヘニアから外交官として派遣されてきた ピーテル・パウル・ルーベンスと出会い、親交を結んだ。この年から翌年にかけて、「バッカスの勝利」を描いている。

1629年、美術品収集や絵画の修業などのために イタリアへの旅行が許される。イタリアへ向かう船の中で オランダ独立戦争の英雄であった アンブロジオ・スピノラと同乗することとなり、親交を結んだ。イタリアではヴェネツィアやフェラーラ、ローマに滞在し、1631年にスペインへと戻った。

帰国後、1634年から1635年にかけて、新しく建設されたブエン・レティーロ離宮の「諸王国の間」に飾る絵の制作を依頼され、すでに故人となっていたスピノラ将軍をしのんで「 ブレダの開城」を制作。他にも1637年には「バリェーカスの少年」、1644年には「エル・プリーモ」や「セバスティアン・デ・モーラ」など多くの作品を制作し、役人としても順調に昇進していった。

1648年には2回目のイタリア旅行に出発し、1651年まで同地に滞在した。各地で王の代理として美術品の収集を行うかたわら、「ヴィラ・メディチの庭園」、「 鏡のヴィーナス」や「教皇インノケンティウス10世」などの傑作を制作している。

1651年に帰国すると、 1652年には王宮の鍵をすべて預かる王宮配室長という重職につくようになり、役人としても多忙となる。一方で、 1656年には「 ラス・メニーナス」を制作し、1657年には「織女たち」、1659年には絶筆となる「マルガリータ王女」など、この時期においても実力は衰えず、大作を完成させていった。 1660年にはフェリペの娘である マリー・テレーズ・ドートリッシュとフランス国王 ルイ14世との婚儀の準備をとりしきるが、帰国後病に倒れ、 1660年 8月6日にマドリードで61歳で死亡した。 [2]

ベラスケスは寡作であり、2度のイタリア旅行や公務での国内出張を除いてはほとんど王宮内ですごした上、画家としてのほとんどの期間を宮廷画家として過ごしたためにその作品のほとんどが門外不出とされ [3]、21世紀の現在でも半分がマドリードにある プラド美術館の所蔵となっている。

他の言語で
Afrikaans: Diego Velázquez
aragonés: Diego Velázquez
asturianu: Diego Velázquez
Aymar aru: Diego Velásquez
azərbaycanca: Dieqo Velaskes
башҡортса: Диего Веласкес
žemaitėška: Diegs Velaskesos
беларуская: Дыега Веласкес
беларуская (тарашкевіца)‎: Дыега Вэляскес
български: Диего Веласкес
brezhoneg: Diego Velázquez
čeština: Diego Velázquez
Esperanto: Diego Velázquez
estremeñu: Diego Velázquez
føroyskt: Diego Velázquez
français: Diego Vélasquez
贛語: 韋拿克
Fiji Hindi: Diego Velázquez
interlingua: Diego Velázquez
Bahasa Indonesia: Diego Velázquez
íslenska: Diego Velázquez
Qaraqalpaqsha: Diego Velázquez
Адыгэбзэ: Диего Веласкес
kalaallisut: Diego Velázquez
Кыргызча: Веласкес
Lëtzebuergesch: Diego Velázquez
latviešu: Djego Velaskess
олык марий: Веласкес, Диего
македонски: Диего Веласкез
Bahasa Melayu: Diego Velázquez
Mirandés: Diego Velázquez
norsk nynorsk: Diego Velázquez
Kapampangan: Diego Velázquez
Piemontèis: Diego Velázquez
português: Diego Velázquez
Runa Simi: Diego Velázquez
tarandíne: Diego Velázquez
русиньскый: Дієґо Веласкес
саха тыла: Веласкес Диего
srpskohrvatski / српскохрватски: Diego Velázquez
Simple English: Diego Velázquez
slovenščina: Diego Velázquez
Soomaaliga: Diego Velázquez
српски / srpski: Дијего Веласкез
Kiswahili: Diego Velázquez
татарча/tatarça: Diego Velaskes
українська: Дієго Веласкес
oʻzbekcha/ўзбекча: Diego Velázquez
vepsän kel’: Velaskes Diego
Tiếng Việt: Diego Velázquez
მარგალური: დიეგო ველასკესი
Bân-lâm-gú: Diego Velázquez